B-10無反動砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
B-10無反動砲
B-10-82mm-recoilles-rifle-batey-haosef-1-1.jpg
イスラエルの軍事博物館に展示されているB-10無反動砲
種類 無反動砲
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備期間 1954年 ~ 1980年代
配備先 ソビエト連邦ブルガリアカンボジア中国東ドイツエジプト北朝鮮パキスタンポーランドシリアベトナムなど
関連戦争・紛争 ベトナム戦争など
開発史
派生型 65式(中国製)
65-1式(中国製)
諸元
重量 85.3 kg (車輪付き)
71.7 kg (車輪無し)
全長 1.85 m(輸送状態)
銃身 1.66 m
要員数 4名

口径 82 mm
砲身 1.66 m
砲架 二輪付き
折りたたみ三脚式
仰角 -20° ~ +35°
旋回角 左右250°ずつ
発射速度 5 ~ 7 発 / 分
有効射程 400 m(直接照準)
最大射程 4,500 m(間接照準)
装填方式 後装式
照準 PBO-2光学照準器

B-10無反動砲とは、ソビエト連邦が1954年に開発した口径82mmの無反動砲である。B-10無反動砲はBTR-50装甲兵員輸送車の後部に搭載して輸送するほか、三脚を折り畳んだ上で砲口部分に車両のフックを引っかけて牽引して輸送する。

概要[編集]

砲自体は典型的な無反動砲であり、装薬に点火して砲弾を射出する際にガスを砲尾に逃がして反動を相殺する。砲弾にはロケット補助推進機能はなく、対人用の榴弾と対戦車用の成型炸薬弾が用意されている。

ソビエト連邦軍では1960年代からロケット補助推進機能を有する新型のSPG-9に更新されていったが東側諸国に多数供与されており、ベトナム戦争では北ベトナム軍や南ベトナム解放民族戦線に供与されてアメリカ軍南ベトナム軍の装甲戦闘車輌に対する攻撃に活用されている。

また、九州南西海域工作船事件で自爆・自沈した北朝鮮工作船からも、B-10無反動砲に類似した口径82mmの無反動砲が1門回収されている。

派生形[編集]

65式
  • 中国製の派生形。三脚架を二輪を持たないものに換装し、重量を28.2kgにまで軽量化している。
65-1式
  • 中国製の派生形。長距離移動を楽にするため、砲身を二分割可能とした型。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]