5-メトキシ-N,N-ジイソプロピルトリプタミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
5-メトキシ-N,N-ジイソプロピルトリプタミン
5-MeO-DiPT.svg
5-MeO-DiPT-3d-sticks.png
IUPAC命名法による物質名
3-[2-(Diisopropylamino)ethyl]-5-methoxyindole
臨床データ
法的規制
識別
CAS番号 4021-34-5
ATCコード ?
PubChem CID 151182
ChemSpider 133247 チェック
化学的データ
化学式 C17H26N2O 
分子量 274.4
物理的データ
融点 181 °C (358 °F)

5-メトキシ-N,N-ジイソプロピルトリプタミン5-methoxy-N,N-diisopropyltryptamine)はトリプタミン系薬物の一種。頭字語5-MeO-DIPT(ごめおでぃぷと)と略される。人体には幻覚作用がある薬物幻覚剤)である。日本での通称は「ゴメオ」、「フォクシー」、「メルシー」[1]。形状は白い結晶の粉末。性感の高まりなどの効果があるため、媚薬と触れ込まれる。[2]

規制[編集]

デンマークドイツギリシャ日本シンガポールスウェーデンアメリカ合衆国などの国において、5-MeO-DIPTは規制物質かそれに準ずる物として規制されている[3]

日本では、5-MeO-DIPTは麻薬及び向精神薬取締法に基づき規制され、日本国内における所持、使用、販売、譲渡、製造、運搬などは違法である。麻薬指定されたのは2005年4月17日。2002年6月にマジックマッシュルームが麻薬原料植物に指定された影響を受け、マジックマッシュルームに対するニッチの脱法ドラッグとしてAMTなどのケミカルドラッグと共に、愛好家の間で急速に広がった。流通していた当時は、液状の脱法ドラッグの内容物として含まれている事があった。

アメリカ合衆国では、5-MeO-DIPTは規制物質法におけるスケジュールI薬物として規制されている。2003年4月4日、麻薬取締局は「緊急スケジュール(emergency scheduling)処置」の基で、5-MeO-DiPTとAMTをスケジュールIに加えた。2004年9月29日、これらのドラッグは正式にスケジュールIに置かれた。この規制に先立ち、DIPT、DPT、5-MeO-DMTのような5-MeO-DiPTの類似物質と並行して、5-MeO-DiPTは多くのアメリカのウェブサイトで販売された。しかしながら、2004年7月、連邦法の執行はこれらの5-MeO-DIPT類似物質の販売を告訴する意向があるという事が、ウェブ・トリップ作戦により確証された。

ドイツでは1999年9月から違法となった。

使用と効果[編集]

摂取量は5から30ミリグラム。摂取方法は、主に経口摂取であるが、経鼻摂取、粘膜摂取、喫煙摂取をする者もいる。また、他の薬物と同様に、空腹時に摂取をすると効果が高い。摂取から30分ほどで効果が現れ始め、3~6時間効果が持続する。

摂取後1時間ほどは吐き気を感じることもある。五感に幻覚的な歪みを感じ、また精神的な幻覚作用もある。場合により高揚感、多幸感も覚える。特に、聴覚や触覚の感覚が鋭敏になり、性感も高まる。肛門括約筋が緩むため下痢になる者もいる。なお、この特性から男性同性愛者性行為に及ぶ際に活用されていたが、理性が低下することによる性行為感染症リスク増加が懸念されていた。

副作用として、この薬物の効果中は、インポテンツ、不眠、激しい胃腸症状がしばしばおこる。耐性がつきやすく、1週間ほどのインターバルを開けないと同量の摂取量で同等の効果は得られない。依存症が形成されやすいとの研究報告もなされているが、使用者がそれを感じたという報告は余り無い。セロトニンになどに強く作用する事から、長期服用による鬱病発症などの報告も多く存在する。

トリプタミンの構造を持つ為、セロトニン再吸収抑制作用を中心とした薬理作用をもつ。

脚注[編集]

  1. ^ 現在では「ゴメオ」と言うと5-MeO-DMT、5-MeO-AMT、5-MeO-DPTなども含まれるため、この通称は廃れている。
  2. ^ クーロン黒沢、ポッチン下条『エネマグラ教典 - ドライ・オーガズム完全マニュアル』太田出版、2004年
  3. ^ Erowid. Erowid 5-MeO-DIPT Vault : Legal Status, Erowid.org. February 13, 2006.

外部リンク[編集]