3-メチル-1-ブタノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イソアミルアルコール[1]
識別情報
CAS登録番号 123-51-3 チェック
PubChem 31260
ChemSpider 29000 チェック
DrugBank DB02296
KEGG C07328
ChEBI CHEBI:15837 チェック
ChEMBL CHEMBL372396 チェック
特性
化学式 C5H12O
モル質量 88.148 g/mol
外観 無色透明の液体
密度 0.8104 g/cm3 at 20 °C
融点

-117.2 °C, 156 K, -179 °F

沸点

131.1 °C, 404 K, 268 °F

への溶解度 28 g/L
溶解度 アセトンジエチルエーテルエタノールに易溶
粘度 3.692 mPa·s
熱化学
標準生成熱 ΔfHo -356.4 kJ·mol-1 (液体)
-300.7 kJ·mol-1 (気体)
標準定圧モル比熱, Cpo 2.382 J·g-1·K-1
危険性
引火点 43 °C
発火点 350 °C
爆発限界 1.2 – 9%
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

3-メチル-1-ブタノール (3-methyl-1-butanol) とは、アルコールに分類される有機化合物の一種で、不快な臭いを持つ無色の液体。イソアミルアルコール (isoamyl alcohol)、イソペンチルアルコール (isopentyl alcohol) の慣用名で呼ばれることが多い。ペンタノールの異性体のひとつ。

沸点の高いアルコールとして、反応溶媒として使用される[2][3]。また、下記に示すエステル誘導体の原料として用いられる。

誘導体[編集]

酢酸イソアミル安息香酸イソアミルは香料として用いられる。

亜硝酸イソアミルは冠動脈を開かせる狭心症薬や、ヘモグロビンをメトヘモグロビンに変化させシアン化物と結合させる応急処置に用いられる。

参考文献[編集]

  1. ^ Lide, David R., ed (1998). Handbook of Chemistry and Physics (87 ed.). Boca Raton, FL: CRC Press. pp. 3-374, 5-42, 6-188, 8-102, 15-22. ISBN 0-8493-0487-3. 
  2. ^ Waser, E. B. H.; Möllering, H. Org. Synth., Coll. Vol. 1, p. 499 (1941); Vol. 9, p. 84 (1929). オンライン版
  3. ^ Brooks, L. A.; Shapiro, S. H. Org. Synth., Coll. Vol. 2, p. 531 (1943); Vol. 11, p. 42 (1929). オンライン版