1-ペンタノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1-ペンタノール
識別情報
CAS登録番号 71-41-0 チェック
PubChem 6276
ChemSpider 6040 チェック
UNII M9L931X26Y チェック
EINECS 200-752-1
国連番号 1105
KEGG C16834
MeSH n-Pentanol
ChEBI CHEBI:44884
ChEMBL CHEMBL14568 チェック
RTECS番号 SB9800000
バイルシュタイン 1730975
Gmelin参照 25922
特性
化学式 C5H12O
モル質量 88.15 g mol−1
精密質量 88.088815006 g mol-1
密度 0.8144 g cm-3
融点

-78 °C, 195 K, -108 °F

沸点

138 °C, 411 K, 280 °F

への溶解度 22 g dm-3
log POW 1.348
蒸気圧 0.20 kPa (at 20 °C)
危険性
EU分類 有害 Xn有害
EU Index 603-200-00-1
Sフレーズ (S1/2), S36/37, S46
引火点 49 °C
発火点 300 °C
関連する物質
関連物質 ヘキサン

ペンチルアミン

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

1-ペンタノール (1-pentanol) は、炭素が5個の直鎖アルコールで分子式が C5H12O、示性式が CH3CH2CH2CH2CH2OH の有機化合物。無色油状で不快な臭いを呈する。ペンチルアルコール(アミルアルコール)の8種類の構造異性体のうちのひとつ。別名としてn-ペンチルアルコール (n-pentyl alcohol)、n-アミルアルコール (n-amyl alchol)。

存在・用途[編集]

1-ペンタノールはフーゼル油分留で得られる。化石燃料の消費を減らす代替燃料として、発酵による合成法が研究されている。1-ペンタノールはCDやDVDをコーティングする際の溶媒として用いられる。

誘導体[編集]

1-ペンタノールをアルコール基とするカルボン酸エステルのうち、酪酸ペンチル酢酸ペンチルはそれぞれアンズバナナのような匂いを持つ。

参考文献[編集]

  1. ^ n-Pentanol - Compound Summary”. The PubChem Project. USA: National Center for Biotechnology Information. 2011年3月27日閲覧。