第一級アルコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第一級アルコール(だいいっきゅうアルコール、: primary alcohol)は、ヒドロキシル基が第一級炭素に結合したアルコールの総称である。分子内に –CH2OH を含むと定義することができる[1]。主な第一級アルコールにはエタノールブタノールがある。

ブリタニカ百科事典第11版[2]を含む複数の文献では[3][4]メタノールを第一級アルコールとしているが、この解釈は現代ではあまり一般的ではない。

出典[編集]

  1. ^ Definition: primary alcohol from Online Medical Dictionary”. 2007年11月22日閲覧。
  2. ^ Alcohols - LoveToKnow 1911”. 2007年11月22日閲覧。
  3. ^ an introduction to alcohols”. 2007年11月22日閲覧。
  4. ^ Albert S. Tarendash (2001). Let's review: chemistry, the physical setting. Boston, Mass: Barron's. p. 161. ISBN 0-7641-1664-9. 

関連項目[編集]