セタノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セタノール
構造式
識別情報
CAS登録番号 36653-82-4
KEGG D00099
特性
化学式 C16H33OH、もしくは CH3(CH2)15OH
外観 常温常圧で白色のろう状固体
融点

49[1]

沸点

190[1] (15 mmHg)

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

セタノール (cetanol) はアルコールの一種であり、中でも高級飽和脂肪族アルコールに分類される。示性式は CH3(CH2)15OH と表される。セチルアルコール (cetyl alcohol)、パルミチルアルコール (palmityl alcohol) とも呼ばれる。IUPAC系統名は 1-ヘキサデカノール (1-hexadecanol)。

性質[編集]

に不溶で、アルコール特有の臭いがある。融点は 49 ℃ で、沸点は 190 ℃ (15 mmHg)、344 ℃ (760 mmHg)[1]

歴史[編集]

セタノールは、フランスの化学者ミシェル=ウジェーヌ・シュヴルールによって1813年に発見された[1]鯨蝋を加熱して得られた脂肪分を水酸化カリウムと反応させ、冷却した後にセチルアルコールの薄片が残ったとされる。 セチル cetyl の名前の由来も、鯨によるものであり、くじら座を示すラテン語の Cetus である。ヘキサデカン (C16H34) の旧称 セタン はここから来ている。

現代では捕鯨禁止により、パーム油等の植物油を精製し製造されたものが代用されている。パルミチルアルコールという別名は、パーム (palm) 油に由来する。

用途[編集]

化粧品等の原料に利用されている。保湿クリームに乳化ワックスとして用いるほか、界面活性剤としてシャンプーに用いられる。増粘剤としても用いられる事もある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Merck Index 14th ed., 2028.

関連項目[編集]