2014年の全日本F3選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2014年の全日本F3選手権
前年: 2013年 翌年: 2015年

2014年の全日本F3選手権は、2014年4月12日 - 13日鈴鹿サーキットで開幕し、10月11日 - 12日富士スピードウェイで閉幕した全15戦による2014年の全日本F3選手権である。

エントリーリスト[編集]

チーム No. ドライバー クラス シャシー エンジン 出場ラウンド
PETRONAS TEAM TOM'S 1 日本の旗 勝田貴元[1] Dallara F312 Toyota TOM'S TAZ31 1–15
36 日本の旗 山下健太[1] Dallara F312 Toyota TOM'S TAZ31 1–15
TODA RACING[2] 2 日本の旗 清原章太[3] Dallara F312 Toda TR-F301 1–15
21 イギリスの旗 サム・マックラウド Dallara F314 Toda TR-F301 10–11
イギリスの旗 ダン・ウェルズ Dallara F314 Toda TR-F301 14–15
EXEDY RACING TEAM 3 日本の旗 三浦愛[2] N Dallara F307 Toyota TOM'S 3S-GE 1–15
HANASHIMA RACING 6 日本の旗 小泉洋史[2] N Dallara F306 Toyota TOM'S 3S-GE 1–15
HFDP Racing 7 日本の旗 松下信治[3] Dallara F312 Mugen-Honda MF204D 1–15
8 日本の旗 高橋翼[3] Dallara F312 Mugen-Honda MF204D 1–15
B-MAX Racing Team[2] 13 日本の旗 吉田基良[2] Dallara F312 Toyota TOM'S TAZ31[2] 1–13
30 日本の旗 DRAGON[2] N Dallara F306 Toyota TOM'S 3S-GE 1–15
KCMG 19 日本の旗 湯澤翔平[2] N Dallara F308 Toyota TOM'S 3S-GE 1–15
B-MAX Racing Team with NDDP[2] 22 日本の旗 高星明誠[4] Dallara F312 Toyota TOM'S TAZ31[2] 1–15
23 日本の旗 佐々木大樹[4] Dallara F312 Toyota TOM'S TAZ31[2] 1–15
TAIROKU EXCEED 28 日本の旗 山口大陸[2] N Dallara F306 Toyota TOM'S 3S-GE 1–15
CERUMO INGING Jr.[5] 38 タイ王国の旗 ナニン・インドラ・パユーング[2] Dallara F312 Toyota TOM'S TAZ31 1–15
TOCHIGI Le Beausset Motorsports 62 日本の旗 久保凛太郎[2] N Dallara F308 Toyota TOM'S 3S-GE 1–15
CMS 77 日本の旗 三浦勝[2] N Dallara F306 Toyota TOM'S 3S-GE 10–11
14-15
アイコン クラス
N F3-N

スケジュール及び勝者[編集]

2014年シーズンの暫定カレンダーは2013年11月8日に発表された[6]。2014年6月10日にFIA 世界耐久選手権第5戦、富士6時間耐久レースが全日本F3選手権シリーズ第14戦・第15戦と同時に開催されることが発表された[7]

ラウンド 開催サーキット 決勝日 ポールポジション ファステストラップ 優勝ドライバー 優勝チーム F3-Nクラス勝者
1 R1 鈴鹿サーキット 4月12日 日本の旗 高星明誠 日本の旗 高星明誠 日本の旗 山下健太 PETRONAS TEAM TOM'S 日本の旗 久保凛太郎
R2 4月13日 日本の旗 山下健太 日本の旗 勝田貴元 日本の旗 高星明誠 B-MAX Racing Team with NDDP 日本の旗 三浦愛
2 R1 ツインリンクもてぎ 5月10日 日本の旗 松下信治 日本の旗 高星明誠 日本の旗 松下信治 HFDP Racing 日本の旗 久保凛太郎
R2 5月11日 日本の旗 松下信治 日本の旗 山下健太 日本の旗 松下信治 HFDP Racing 日本の旗 小泉洋史
R3 日本の旗 松下信治 日本の旗 松下信治 HFDP Racing 日本の旗 久保凛太郎
3 R1 岡山国際サーキット 6月14日 日本の旗 松下信治 日本の旗 佐々木大樹 日本の旗 佐々木大樹 B-MAX Racing Team with NDDP 日本の旗 小泉洋史
R2 6月15日 日本の旗 勝田貴元 日本の旗 松下信治 日本の旗 山下健太 PETRONAS TEAM TOM'S 日本の旗 小泉洋史
4 R1 富士スピードウェイ 7月12日 日本の旗 高星明誠 日本の旗 高星明誠 日本の旗 高星明誠 B-MAX Racing Team with NDDP 日本の旗 久保凛太郎
R2 7月13日 日本の旗 松下信治 日本の旗 松下信治 日本の旗 松下信治 HFDP Racing 日本の旗 小泉洋史
5 R1 ツインリンクもてぎ 8月23日 日本の旗 清原章太 日本の旗 勝田貴元 日本の旗 勝田貴元 PETRONAS TEAM TOM'S 日本の旗 小泉洋史
R2 8月24日 日本の旗 高星明誠 日本の旗 佐々木大樹 日本の旗 高星明誠 B-MAX Racing Team with NDDP 日本の旗 小泉洋史
6 R1 スポーツランドSUGO 9月27日 日本の旗 松下信治 日本の旗 松下信治 日本の旗 松下信治 HFDP Racing 日本の旗 山口大陸
R2 9月28日 日本の旗 高星明誠 日本の旗 高星明誠 日本の旗 松下信治 HFDP Racing 日本の旗 久保凛太郎
7 R1 富士スピードウェイ 10月11日 日本の旗 佐々木大樹 日本の旗 佐々木大樹 日本の旗 勝田貴元 PETRONAS TEAM TOM'S 日本の旗 小泉洋史
R2 10月12日 日本の旗 佐々木大樹 日本の旗 佐々木大樹 日本の旗 佐々木大樹 B-MAX Racing Team with NDDP 日本の旗 小泉洋史

シリーズポイントランキング[編集]

  • ポイントシステムは以下の通り
1位 2位 3位 4位 5位 6位 PP FL
10 7 5 3 2 1 1 1

ドライバー部門[編集]

順位 ドライバー SUZ TRM OKA FSW TRM SUG FSW ポイント
1 日本の旗 松下信治 4 4 1 1 1 2 14 4 1 4 2 1 1 4 3 102
2 日本の旗 山下健太 1 3 2 2 2 5 1 2 2 3 6 6 2 3 2 90
3 日本の旗 高星明誠 2 1 3 4 4 3 4 1 4 2 1 4 Ret 4 5 82
4 日本の旗 勝田貴元 3 2 4 3 3 4 3 6 5 1 3 2 3 1 4 80
5 日本の旗 佐々木大樹 7 6 6 5 5 1 2 3 3 6 4 5 5 2 1 63
6 日本の旗 清原章太 5 8 5 6 7 6 6 5 6 Ret 5 3 4 6 6 23
7 日本の旗 高橋翼 6 5 8 7 Ret 8 7 7 Ret 5 8 8 7 7 8 5
8 タイ王国の旗 ナニン・インドラ・パユーング 8 7 7 8 6 7 5 Ret Ret 7 9 7 6 8 7 4
日本の旗 小泉洋史 10 11 10 9 11 9 8 10 7 8 10 Ret 11 9 10 0
日本の旗 久保凛太郎 9 10 9 12 8 10 13 8 Ret 10 11 Ret 8 12 Ret 0
日本の旗 三浦愛 11 9 11 Ret 10 14 11 11 8 9 14 Ret 12 Ret 12 0
日本の旗 山口大陸 12 12 12 10 9 12 10 9 11 11 12 9 Ret 13 11 0
日本の旗 湯澤翔平 15 14 14 11 12 11 9 12 9 Ret 13 10 9 11 Ret 0
イギリスの旗 ダン・ウェルズ 10 9 0
日本の旗 DRAGON 13 13 13 13 14 13 12 13 10 13 16 11 10 15 14 0
日本の旗 吉田基良 14 14 15 Ret 13 15 15 14 12 14 15 12 13 0
イギリスの旗 サム・マックラウド Ret 7 0
日本の旗 三浦勝 12 17 16 15 0
順位 ドライバー SUZ TRM OKA FSW TRM SUG FSW ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字 – ポールポジション
斜体 – ファステストラップ

F3-Nクラス ドライバー部門[編集]

順位 ドライバー SUZ TRM OKA FSW TRM SUG FSW ポイント
1 日本の旗 小泉洋史 10 11 10 9 11 9 8 10 7 8 10 Ret 11 9 10 124
2 日本の旗 久保凛太郎 9 10 9 12 8 10 13 8 Ret 10 11 Ret 8 12 Ret 97
3 日本の旗 山口大陸 12 12 12 10 9 12 10 9 11 11 12 9 Ret 13 11 69
4 日本の旗 三浦愛 11 9 11 Ret 10 14 11 11 8 9 14 Ret 12 Ret 12 55
5 日本の旗 湯澤翔平 15 14 14 11 12 11 9 12 9 Ret 13 10 9 11 Ret 55
6 日本の旗 DRAGON 13 13 13 13 14 13 12 13 10 13 16 11 10 15 14 33
7 日本の旗 三浦勝 12 17 16 15 4
順位 ドライバー SUZ TRM OKA FSW TRM SUG FSW ポイント

チーム部門[編集]

  • ポイントシステムは以下の通り
1位 2位 3位 4位 5位 6位
10 7 5 3 2 1
順位 チーム SUZ TRM OKA FSW TRM SUG FSW ポイント
1 PETRONAS TEAM TOM'S 1 2 2 2 2 4 1 2 2 1 3 2 2 1 2 94
2 B-MAX Racing Team with NDDP 2 1 3 4 4 1 2 1 3 2 1 4 5 2 1 99
3 HFDP Racing 4 4 1 1 1 2 7 4 1 4 2 1 1 5 3 93
4 TODA RACING 5 8 5 6 7 6 6 5 6 Ret 5 3 4 6 6 22
5 CERUMO INGING Jr 8 7 7 8 6 7 5 Ret Ret 7 9 7 6 8 7 4
HANASHIMA RACING 10 11 10 9 11 9 8 10 7 8 10 Ret 11 9 10 0
TOCHIGI Le Beausset Motorsports 9 10 9 12 8 10 13 8 Ret 10 11 Ret 8 12 Ret 0
TAIROKU EXCEED 12 12 12 10 9 12 10 9 11 11 12 9 Ret 13 11 0
EXEDY RACING TEAM 11 9 11 Ret 10 14 11 11 8 9 14 Ret 12 Ret 12 0
KCMG 15 14 14 11 12 11 9 12 9 Ret 13 10 9 11 Ret 0
B-MAX Racing Team 13 13 13 13 13 13 12 13 10 13 15 11 10 14 13 0
CMS 12 17 16 15 0
順位 チーム SUZ TRM OKA FSW TRM SUG FSW ポイント

エンジンチューナー部門[編集]

順位 チューナー SUZ TRM OKA FSW TRM SUG FSW ポイント
1 TOM'S 1 1 2 2 2 1 1 1 2 1 1 2 2 1 1 132
2 M-TEC 4 4 1 1 1 2 7 4 1 4 2 1 1 5 3 93
3 戸田レーシング 5 8 5 6 7 6 6 5 6 Ret 5 3 4 6 6 22
順位 チューナー SUZ TRM OKA FSW TRM SUG FSW ポイント

参照[編集]

  1. ^ a b Toyota Outlines Its Motorsports Activities for 2014”. トヨタ自動車. トヨタ自動車株式会社 (2014年1月30日). 2014年2月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 2014全日本F3選手権シーズンプレビュー 「再び、激戦の予感......」”. 全日本F3選手権. 日本フォーミュラスリー協会 (2014年3月1日). 2014年3月11日閲覧。
  3. ^ a b c 2014 Honda Global Motor Sports Activities Automobile[PDF]”. 本田技研工業. 本田技研工業株式会社 (2014年2月7日). 2014年2月7日閲覧。
  4. ^ a b 2014年モータースポーツ活動計画を発表”. ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル (2014年2月14日). 2014年2月14日閲覧。
  5. ^ 2014全日本F3選手権、開幕前合同テストいよいよスタート!”. 全日本F3選手権. 日本フォーミュラスリー協会 (2014年3月11日). 2014年3月11日閲覧。
  6. ^ 2014年日本選手権カレンダーについて”. 日本自動車連盟 (2013年11月8日). 2014年2月3日閲覧。
  7. ^ ■ 2014全日本F3選手権シリーズ第14戦・第15戦のWEC第5戦「富士6時間耐久レース」への編入開催決定について”. 日本自動車連盟 (2014年6月10日). 2014年6月11日閲覧。

外部リンク[編集]