2013年の全日本F3選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2013年の全日本F3選手権
前年: 2012年 翌年: 2014年

2013年の全日本F3選手権は、2013年4月13日 - 4月14日鈴鹿サーキットで開幕し、10月19日 - 10月20日富士スピードウェイで閉幕した全15戦による2013年の全日本F3選手権である。

前年からの主な変更点[編集]

エンジン[編集]

国際自動車連盟(FIA)のフォーミュラ3規格改定で、同年よりエンジンが原則としてガソリン直噴エンジンに限定されることになった[1]。欧州の主要F3シリーズがいずれも直噴エンジンへの移行を見送り旧タイプのエンジンを使用し続ける中、全日本F3は先駆けて直噴エンジンへ移行することになり、以下のとおり各メーカーが新エンジンを投入する。

なお、最終戦ではマカオグランプリに出場予定のあるドライバーが、旧型エンジンを使用している[2]中山雄一が予選以降を欠場したため、実際には関口雄飛のみとなった[3])。 これは、同年の欧州シリーズが旧規定エンジンで争われたことから、同年のマカオグランプリでも旧規定のエンジンが適用されたため、出場予定ドライバーの習熟のための対応であった。

エントリーリスト[編集]

車番 F3-Nクラス ドライバー 車名
(シャーシ/エンジン)
チーム エンジンチューナー
2 日本の旗 野尻智紀[4] TODA FIGHTEX
Dallara F312/TODA TR-F301)
TODA RACING TODA RACING
6 日本の旗 小泉洋史[5] Net Move Hanashima Racing
(Dallara F306 N/TOYOTA TOM'S 3S-GE
HANASHIMA RACING HANASHIMA RACING
7 日本の旗 松下信治 HFDP RACING F312
(Dallara F312/HONDA MF204D
HFDP RACING M-TEC
8 日本の旗 清原章太 HFDP RACING F312
(Dallara F312/HONDA MF204D)
HFDP RACING M-TEC
11 日本の旗 湯澤翔平[6] Nova with IMM F306
(Dallara F306 N/TOYOTA TOM'S 3S-GE)
TEAM NOVA WITH NIPPON IMM TOM'S
13 日本の旗 吉田基良[7] B-MAX・F312
(Dallara F312/TODA TR-F301)
B-MAX ENGINEERING TODA RACING
19 日本の旗 武平良介(Rd.3-5) KCMG F308
(Dallara F308 N/TOYOTA TOM'S 3S-GE)
KCMG[8] TOM'S
23 日本の旗 高星明誠 S Road NDDP F3
(Dallara F306 N/TOYOTA TOM'S 3S-GE)
NDDP RACING TOM'S
30 日本の旗 DRAGON B-MAX・F306
(DALLARA F306 N/TOYOTA TOM'S 3S-GE)
B-MAX ENGINEERING TOM'S
36 日本の旗 中山雄一[9](Rd.1-13) PETRONAS TOM'S F312
(DALLARA F312/TOYOTA TOM'S TAZ31)
PETRONAS TEAM TOM'S TOM'S
37 日本の旗 勝田貴元 PETRONAS TOM'S F312
(DALLARA F312/TOYOTA TOM'S TAZ31)
PETRONAS TEAM TOM'S TOM'S
38 タイ王国の旗 ナニン・インドラ・パユーング PTT SPIRIT F307
(DALLARA F306 N/TOYOTA TOM'S 3S-GE)
TOM'S SPIRIT TOM'S
45 日本の旗 関口雄飛[10](Rd.14,15) B-MAX・F312
(DALLARA F312/TOYOTA TOM'S 1AZ-FE)
B-MAX ENGINEERING TOM'S
50 日本の旗 千代勝正 B-MAX・F312
(DALLARA F312/TODA TR-F301)
B-MAX ENGINEERING TODA RACING
62 日本の旗 小河諒(Rd.6-11 ) Le Beausset F308
(DALLARA F308 N/TOYOTA TOM'S 3S-GE)
TOCHIGI Le Beausset Motorsports[11] TOM'S

スケジュール及び勝者[編集]

決勝日 開催サーキット 周回数 優勝者 ポールポジション ファステストラップ
全日本選手権 F3Nクラス 全日本選手権 F3Nクラス 全日本選手権 F3Nクラス
第1戦 4月13日 鈴鹿サーキット 12Laps
(70km)
勝田貴元 高星明誠 中山雄一 高星明誠 中山雄一 高星明誠
第2戦 4月14日 17Laps
(100km)
中山雄一 高星明誠 中山雄一 高星明誠 中山雄一 高星明誠
第3戦 5月11日 ツインリンクもてぎ 14Laps
(70km)
中山雄一 高星明誠 中山雄一 高星明誠 中山雄一 高星明誠
第4戦 5月12日 14Laps
(70km)
中山雄一 高星明誠 中山雄一 高星明誠 中山雄一 高星明誠
第5戦 5月12日 20Laps
(100km)
中山雄一 高星明誠 中山雄一 高星明誠 中山雄一 高星明誠
第6戦 6月29日 岡山国際サーキット 18Laps
(70km)
中山雄一 高星明誠 勝田貴元 高星明誠 勝田貴元 高星明誠
第7戦 6月30日 25Laps
(100km)
中山雄一 高星明誠 中山雄一 高星明誠 中山雄一 高星明誠
第8戦 7月13日 富士スピードウェイ 15Laps
(70km)
勝田貴元 ナニン・インドラ・パユーング 中山雄一 ナニン・インドラ・パユーング 勝田貴元 ナニン・インドラ・パユーング
第9戦 7月14日 21Laps
(100km)
中山雄一 高星明誠 中山雄一 高星明誠 中山雄一 高星明誠
第10戦 8月3日 ツインリンクもてぎ 14Laps
(70km)
中山雄一 高星明誠 中山雄一 高星明誠 中山雄一 ナニン・インドラ・パユーング
第11戦 8月4日 20Laps
(100km)
中山雄一 ナニン・インドラ・パユーング 中山雄一 高星明誠 中山雄一 ナニン・インドラ・パユーング
第12戦 9月28日 スポーツランドSUGO 18Laps
(70km)
中山雄一 高星明誠 中山雄一 高星明誠 中山雄一 高星明誠
第13戦 9月29日 25Laps
(100km)
中山雄一 ナニン・インドラ・パユーング 中山雄一 高星明誠 中山雄一 高星明誠
第14戦 10月19日 富士スピードウェイ 21Laps
(100km)
千代勝正 ナニン・インドラ・パユーング 千代勝正 高星明誠 千代勝正 ナニン・インドラ・パユーング
第15戦 10月20日 15Laps
(70km)
千代勝正 高星明誠 勝田貴元 高星明誠 千代勝正 高星明誠

シリーズポイントランキング[編集]

  • ポイントシステムは以下の通り
1 2 3 4 5 6 PP FL
10 7 5 3 2 1 1 1

ドライバー部門[編集]

順位 ドライバー SUZ TRM OKA FSW TRM SUG FSW ポイント
1 日本の旗 中山雄一 2 1 1 1 1 1 1 2 1 1 1 1 1 DNS DNS 146
2 日本の旗 勝田貴元 1 2 2 2 2 Ret 2 1 2 6 6 Ret DNS 3 2 80
3 日本の旗 千代勝正 5 3 4 6 3 3 4 6 DSQ 2 2 2 4 1 1 72
4 日本の旗 野尻智紀 6 6 3 4 6 2 3 3 6 3 3 Ret 2 6 4 50
5 日本の旗 松下信治 4 5 5 3 5 Ret Ret 5 3 5 4 3 3 2 Ret 43
6 日本の旗 清原章太 3 4 6 5 4 4 5 4 4 4 5 4 5 4 6 39
7 日本の旗 高星明誠 7 7 7 7 7 5 6 8 5 7 8 5 7 8 5 9
8 日本の旗 関口雄飛 5 3 7
9 タイ王国の旗 ナニン・インドラ・パユーング 8 8 8 9 8 7 7 7 7 11 7 6 6 7 7 2
10 日本の旗 小河諒 6 DNS 10 DSQ Ret DNS 1
日本の旗 小泉洋史 Ret 9 10 10 10 10 DNS 9 8 Ret 9 7 8 9 8 0
日本の旗 湯澤翔平 Ret 10 11 12 11 8 8 13 9 10 10 8 Ret 12 10 0
日本の旗 吉田基良 Ret 12 Ret 13 13 Ret 9 11 11 8 12 9 Ret 11 11 0
日本の旗 武平良介 9 8 9 0
日本の旗 DRAGON 9 11 12 11 12 9 Ret 12 10 9 11 Ret 9 10 9 0
順位 ドライバー SUZ TRM OKA FSW TRM SUG FSW ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字ポールポジション
斜体:ファステストラップ

F3-Nクラス ドライバー部門[編集]

順位 ドライバー SUZ TRM OKA FSW TRM SUG FSW ポイント
1 日本の旗 高星明誠 7 7 7 7 7 5 6 8 5 7 8 5 7 8 5 163
2 タイ王国の旗 ナニン・インドラ・パユーング 8 8 8 9 8 7 7 7 7 11 7 6 6 7 7 113
3 日本の旗 小泉洋史 Ret 9 10 10 10 10 DNS 9 8 Ret 9 7 8 9 8 50
4 日本の旗 DRAGON 9 11 12 11 12 9 Ret 12 10 9 11 Ret 9 10 9 35
5 日本の旗 湯澤翔平 Ret 10 11 12 11 8 8 13 9 10 10 8 Ret 12 10 35
6 日本の旗 武平良介 9 8 9 17
7 日本の旗 小河諒 6 DNS 10 DSQ Ret DNS 10
順位 ドライバー SUZ TRM OKA FSW TRM SUG FSW ポイント

チーム部門[編集]

  • ポイントシステムは以下の通り
1 2 3 4 5 6
10 7 5 3 2 1
順位 チーム SUZ TRM OKA FSW TRM SUG FSW ポイント
1 PETRONAS TOM'S 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 3 2 142
2 B-MAX ENGINEERING 5 3 4 6 3 3 4 6 10 2 2 2 4 1 1 69
3 HFDP RACING 3 4 5 3 4 4 5 4 3 4 4 3 3 2 6 55
4 TODA RACING 6 6 3 4 6 2 3 3 6 3 3 Ret 2 6 4 50
5 NDDP Racing 7 7 7 7 7 5 6 8 5 7 8 5 7 8 5 9
6 TOM'S Spirit 8 8 8 9 8 7 7 7 7 11 7 6 6 7 7 2
7 TOCHIGI Le Beausset Motorsports 6 DNS 10 DSQ Ret DNS 1
Hanashima Racing Ret 9 10 10 10 10 DNS 9 8 Ret 9 7 8 9 8 0
TEAM NOVA WITH NIPPON IMM Ret 10 11 12 11 8 8 13 9 10 10 8 Ret 12 10 0
KCMG 9 8 9 0
順位 チーム SUZ TRM OKA FSW TRM SUG FSW ポイント

エンジンチューナー部門[編集]

順位 チューナー SUZ TRM OKA FSW TRM SUG FSW ポイント
1 トムス 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 3 2 142
2 戸田レーシング 5 3 3 4 3 2 3 3 6 2 2 2 2 1 1 86
3 M-TEC 3 4 5 3 4 4 5 4 3 4 4 3 3 2 6 55
順位 チューナー SUZ TRM OKA FSW TRM SUG FSW ポイント

参照[編集]

  1. ^ Simmons, Marcus (2013年4月16日). “New-era Formula 3 engines make successful debut in Japan”. Autosport (Haymarket). http://www.autosport.com/news/report.php/id/106800 2013年4月16日閲覧。 
  2. ^ 第60回マカオグランプリ 開催レース・カテゴリー解説 - ヨコハマタイヤ
  3. ^ 全日本F3富士:千代と勝田がポールを分け合う - オートスポーツ・2013年10月19日
  4. ^ Honda 2013 Motorsports Overview”. HONDA Motor Co., Ltd. Honda Motor Co., Ltd (2013年2月8日). 2013年2月8日閲覧。
  5. ^ Race1/Race2 Suzuka Entry list”. All-Japan Formula Three Championship. Japanese Formula 3 Association. 2013年2月8日閲覧。
  6. ^ 2013年全日本F3選手権にニューカマー続々参戦決定!”. All-Japan Formula Three Championship. Japanese Formula 3 Association (2013年2月28日). 2013年2月28日閲覧。
  7. ^ B-MAX ENGINEERINGが3台体制でのフル参戦を発表”. All-Japan Formula Three Championship. Japanese Formula 3 Association (2013年2月24日). 2013年2月24日閲覧。
  8. ^ もてぎ第3・4・5戦に武平 良介の参戦が決定!”. All-Japan Formula Three Championship. Japanese Formula 3 Association (2013年4月26日). 2013年4月26日閲覧。
  9. ^ TMC Outlines Motor-sports Activities for 2013”. Toyota Motor Corporation. Toyota Motor Corporation (2013年2月25日). 2013年2月25日閲覧。
  10. ^ 2013年 全日本F3選手権シリーズ第14戦/第15戦”. All-Japan Formula Three Championship. Japanese Formula 3 Association (2013年10月10日). 2013年10月10日閲覧。
  11. ^ ル・ボーセモータースポーツが全日本F3に復帰!”. All-Japan Formula Three Championship. Japanese Formula 3 Association (2013年3月18日). 2013年3月18日閲覧。

外部リンク[編集]