2000年の全日本F3選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2000年の全日本F3選手権
前年: 1999年 翌年: 2001年

2000年の全日本F3選手権は、2000年(平成12年)3月25日 - 26日鈴鹿サーキットで開幕し、同年11月4日 - 5日に鈴鹿サーキットで閉幕した全10戦の2000年シーズンの全日本F3選手権である。

エントリーリスト[編集]

車番 ドライバー 車名(シャシー/エンジン) エントラント エンジンチューナー
1 オーストリアの旗 ロバート・レヒナー(第1 - 9戦) TOM'S F300 → E'MAX TOM'S F300
ダラーラF300/トヨタ・トムス3S-GE
TOM'S (株)トムス
2 日本の旗 荒聖治 戸田無限ホンダF300
(ダラーラF300/無限MF204B
TODA RACING (株)戸田レーシング
3 フランスの旗 ブノワ・トレルイエ カストロール富士通テンF300
(ダラーラF300/トヨタ・トムス3S-GE)
INGING トリイレーシング
5 日本の旗 高木真一(第1 - 9戦) ペプシPiPit F399
(ダラーラF399/トヨタ・トムス3S-GE)
(株)トムス
6 日本の旗 西村秀樹(第2戦)
日本の旗 佐々木孝太(第9戦)
5ZIGEN DALLARA
(ダラーラF399/トヨタ・トムス3S-GE)
TEAM 5ZIGEN トリイレーシング
7 日本の旗 黒澤治樹(第1 - 9戦) MTCI TOM'S F300
(ダラーラF300/トヨタ・トムス3S-GE)
TOM'S (株)トムス
8 日本の旗 サトウカイチ ESSO TOM'S F399
(ダラーラF399/トヨタ・トムス3S-GE)
9 日本の旗 土屋武士(第1,2,4 - 10戦) ThreeBond
(ダラーラF399/ThreeBond NISSAN SR20VE
PAL SPORT 東名エンジン(株)
10 フランスの旗 セバスチャン・フィリップ カストロール無限F300
(ダラーラF300/無限MF204B)
無限×童夢プロジェクト (株)無限
11 日本の旗 井出有治 FドリームARTA無限
(ダラーラF300/無限MF204B)
15 日本の旗 守永正(第1,3,5 - 8,10戦) 5ZIGEN MJ F399
(ダラーラF399/トヨタ・トムス3S-GE)
TEAM 5ZIGEN トリイレーシング
17 日本の旗 佐々木孝太(第1 - 4戦)
日本の旗 黒澤翼(第6 - 10戦)
LIAN戸田無限HONDA
(ダラーラF399/無限MF204B)
LIAN RACING TEAM (株)戸田レーシング
18 日本の旗 密山祥吾 イエローハット399
(ダラーラF399/トヨタ・トムス3S-GE)
チームイエローハット with エイムスポーツ トリイレーシング
19 日本の旗 黒澤翼(第1 - 3戦) ダラーラF399
(ダラーラF399/トヨタ・トムス3S-GE)
PAL SPORT トリイレーシング
20 日本の旗 峰尾恭輔(第1 - 4,7戦) DTM DALLARA → BTEC DALLARA
(ダラーラF399/トヨタ・トムス3S-GE)
DTM LTD. (株)トムス
日本の旗 レーサー鹿島(第8 - 10戦) マルチG TOM'S F399
(ダラーラF399/トヨタ・トムス3S-GE)
24 日本の旗 西澤和之 MCTIレーシングF399 → SPORTS TODAY F399
(ダラーラF399/トヨタ・トムス3S-GE)
TOMEI SPORT (株)トムス
32 日本の旗 富澤勝(第1 - 3戦) WAKO'SマエジマF399
(ダラーラF399/トヨタ・トムス3S-GE)
レーシングチーム マエジマ トリイレーシング
日本の旗 井上智之(第9,10戦) PREST・DALLARA
(ダラーラF399/トヨタ・トムス3S-GE)
NOW MOTOR SPORTS トリイレーシング
33 日本の旗 山口明 DeODEO・DALLARA
(ダラーラF300/トヨタ・トムス3S-GE)
NOW MOTOR SPORTS (株)トムス
37 日本の旗 樋口統也(第2,3,5,7,8戦) NFRT MS AUTO 397
(ダラーラF397改/トヨタ・トムス3S-GE)
NOBEL FRANCE RACING TEAM トリイレーシング
38 日本の旗 五味康隆(第1,2,4 - 6戦) 芙蓉実業WAKO'S F300
(ダラーラF300/トヨタ・トムス3S-GE)
PROKIDAI with TORII RACING トリイレーシング
日本の旗 徳田照幸(第7戦) WAKO'SトリイF300
(ダラーラF300/トヨタ・トムス3S-GE)
日本の旗 中島廣高(第9戦)
日本の旗 佐々木孝太(第10戦)
5ZIGEN WAKO'S F300
(ダラーラF300/トヨタ・トムス3S-GE)
39 日本の旗 鈴木将之(第10戦) (株)おりひめ-F397改
(ダラーラF397改/トヨタ・トムス3S-GE)
プロキダイ&トリイレーシング トリイレーシング
64 日本の旗 本庄康幸(第1 - 8戦)
日本の旗 佐藤晋也(第9,10戦)
PIAA DALLARA 無限
(ダラーラF399/無限MF204B)
NAKAJIMA HONDA (株)無限
77 日本の旗 平野功(第1 - 9戦) スキルスピードF399無限ホンダ
(ダラーラF399/無限MF204B)
有限会社スキルスピード (株)戸田レーシング

スケジュール及び勝者[編集]

決勝日 開催サーキット 勝者
第1戦 3月26日 鈴鹿サーキット セバスチャン・フィリップ
第2戦 4月9日 筑波サーキット 井出有治
第3戦 5月4日 富士スピードウェイ セバスチャン・フィリップ
第4戦 5月21日 MINEサーキット ロバート・レヒナー
第5戦 6月11日 TIサーキット英田 ロバート・レヒナー
第6戦 7月2日 鈴鹿サーキット(東スペシャルコース) 高木真一
第7戦 7月30日 スポーツランドSUGO ブノワ・トレルイエ
第8戦 8月20日 ツインリンクもてぎ 黒澤治樹
第9戦 9月24日 仙台ハイランド セバスチャン・フィリップ
第10戦 11月5日 鈴鹿サーキット 井出有治

シリーズポイントランキング[編集]

順位 車番 ドライバー 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 第7戦 第8戦 第9戦 第10戦 総得点 有効得点
1 10 セバスチャン・フィリップ 9 4 9 6 4 4 3 6 9 6 60 49
2 11 井出有治 R 9 1 4 1 6 2 4 1 9 37 35
3 2 荒聖治 R 6 3 2 6 3 4 0 4 4 32 30
4 1 ロバート・レヒナー R R 6 9 9 1 0 3 0 28 28
5 3 ブノワ・トレルイエ 6 0 0 3 0 R 9 0 6 R 24 24
6 7 黒澤治樹 R 3 0 1 3 2 6 9 0 24 24
7 5 高木真一 3 0 R 0 R 9 0 2 2 16 16
8 9 土屋武士 4 R 0 R R 0 0 3 2 9 9
9 20 峰尾恭輔 0 0 4 0 R 4 4
10 64 本庄康幸 1 0 2 R 0 0 1 0 4 4
11 64 佐藤晋也 0 3 3 3
12 8 サトウカイチ R 0 R 0 2 0 0 1 0 0 3 3
13 18 密山祥吾 2 0 0 0 0 0 R 0 0 0 2 2
14 38 佐々木孝太 R 1 R 0 0 1 2 2
15 32 富澤勝 R 2 R 2 2
  • 各レースの1 - 6位に9・6・4・3・2・1のポイント
  • ベスト7戦による有効ポイント制
  • R=リタイア