龍のひげ飴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
龍のひげ飴
Dragons beard candy.JPG
龍のひげ飴
各種表記
繁体字 龍鬚糖(銀絲糖)
簡体字 龙须糖(银丝糖)
拼音 lóng xū táng
日本語読み: りゅうのひげあめ
英文 Dragons beard candy
テンプレートを表示

龍のひげ飴(龍鬚糖、ロンシュータン/ロンソートン)は中国で古くより庶民に親しまれている駄菓子で、皇帝にも愛されていたことから中国の民衆の間では“皇帝点心”の別名もある[1]。中華圏や華僑のコミュニティでは非常にポピュラーなお菓子で、カナダシンガポールアメリカ台湾香港日本にも広まっているが、韓国ではクルタレという名前の高級菓子として珍重されている。

概要[編集]

龍のひげ飴は外側がに似た独特な形状をしており、口に入れたときにホロリと溶ける食感が特徴の菓子の一種である。材料は外側の繭状の部分は麦芽糖(水飴)と蜂蜜小麦粉もち米を粉にしたものを混ぜ合わせたもので、繭に包まれた中身にはゴマピーナッツココナッツが小さく砕かれたものが入っている。店によってはクルミアーモンドカシューナッツ茶葉を混ぜることもある。

もともとは新疆地方の特産品であり、正徳帝の時代により広められたという説と後述の雍正帝の時代に広められたという説が民間に伝わっている。”作り立てを食べるのが美味”とされ、作り置きはできない[2]

調理手順[編集]

基本的には、素手でラーメンの麺を引き伸ばす要領に、練り上げた水飴の塊を細く引き伸ばしてゴマ等に巻き付けていく。台湾では、この作業は屋台や店頭で客が見ている前で行われていて、通行人も思わず足を止めて目を楽しめるほどの名人芸である。 [3][4]

  1. あらかじめ水飴と蜂蜜をゆっくりと練り上げておき、冷めた後に塊状に成形しておく。
  2. 塊の中央に穴をあけて、もち米粉の中で引き伸ばしていく。
  3. 粉をまぶしながら8の字になるようにひねりを加えて引き伸ばす作業を繰り返すと、細くなるにつれて柔らかい感触になってくる。
  4. 引き伸ばされて白くなった糸状の飴をいくつかの塊に切り取っておく。
  5. ピーナッツやゴマ、ココナッツで作った芯に3の飴を巻きつけて完成。

種類[編集]

伝統的なお菓子なだけに多様なフレーバーの龍鬚糖が作られているが、近年でもポピュラーなものを並べる。

  • 冰脆龍鬚糖(冰脆龙须糖):もっとも伝統的なスタイル。白ゴマとピーナッツ味。
  • 黒ゴマ(黑芝麻龙须糖):黒ゴマが加わり、さらにゴマの味と香りが強くなる。
  • アーモンド(杏仁龙须糖):アーモンド入り。口に入れるとふくよかな香りが広がる。
  • ポッピングキャンディ(爆炸龙须糖):芯の部分にはじけるキャンディが入り、口の中に入れた時の食感がさらに独特に。
  • 海苔ワサビ(紫菜青芥味龙须糖):ワサビのピリっとした感覚が噛み締めるたびに広がる。
  • ピリ辛(辛辣味龙须糖):口にした直後は辛さを感じないが、後からだんだん辛くなってくる。

名前の由来[編集]

あるとき雍正帝が文武百官を宴席に招き満漢全席をふるまうことにした。それを宮廷料理人に命じた皇帝が調理場をのぞいてみると、まさにこの菓子を作っているときで、料理人の手中で糸状になった雪白の砂糖が風に舞うのごとく引き伸ばされており、その繊細な様がまるで吉祥を告げる龍の鬚に思えたので、皇帝は顔に菓子を張り付けて「龍になった」とたいそう喜び、皇妃から女官や臣下に到るまで大いにふるまった。それとともにこの特別な菓子を”龍鬚糖(龍のひげ飴)”と命名したのである。以来、この飴菓子の美しい名前は長江の境を越えて中国全土に広まったという。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]龙须糖(百度中国語版)
  2. ^ [2]鲜造鲜吃“皇帝糖”——龙须糖(图)
  3. ^ [3]参考:中華傳統民俗技藝團(台湾)
  4. ^ [4]参考:台湾での実演販売の様子(Youtube)

外部リンク[編集]