クルタレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クルタレ
Traditional Court Cake.jpg
各種表記
ハングル 꿀타래
漢字
発音 クルタレ
日本語読み: くるたれ
ローマ字 Kkultarae文化観光部2000年式
テンプレートを表示

クルタレ (꿀타래/kkultarae) とは、伝統的な中華菓子である龍のひげ飴(龍鬚糖、ロンシュータン/ロンソートン)のこと。韓国の伝統宮廷菓子でもある。ヨンスヨム(龍の髭/용수염)とも呼ばれる。 日本では龍のひげ飴と呼ばれて、韓国や香港、台湾へと赴く日本人観光客に好まれる人気みやげである。

概要[編集]

練りの一種である。蜂蜜麦芽トウモロコシの粉を原料にした白い糸状のものを1万本以上束ねそれにゴマクルミ松の実落花生アーモンドきな粉などをくるんでのような形にする。サクサクとした食感が特徴的である。

かつての朝鮮王朝時代に王の長寿、幸運を象徴するものとして献上されたことから宮廷料理として分類されることもある。

調理法[編集]

  • 蜂蜜と麦芽の粉を混ぜ合わせたものを8日間熟成させる。
  • 熟成させた硬い塊の真ん中に穴をあけてドーナツ状にする。その輪を両手で引き伸ばして2本の紐状にする。
  • トウモロコシの粉をまぶしながら輪をねじると4本のひも状になる。この動作を繰り返すとひもがだんだんと細くなり、最終的には16,384本(=214)もの細い糸状になる。
  • この糸状のものに前述のゴマ、クルミなどをくるんで繭状にして完成する。

特に塊に穴をあけてから16,384本の糸状にするまでの過程はソウル市内仁寺洞明洞などの屋台で実演されていることが多く、1-2分ほどで完結するその様は職人芸とも呼べるものである。中には外国人観光客を相手に英語中国語日本語などでこのパフォーマンスを行っている店もある。

販売箇所[編集]

前述の仁寺洞、明洞などの他、観光地の土産物店や空港などでも販売されている。韓国を訪れる外国人観光客からは韓国土産の定番の一つとされている。

日本国内では、東京都新宿区のJR山手線新大久保駅周辺にあるコリア・タウンの一部の店舗で実演販売が行われていることがある。

その他[編集]

  • 調理後ないし購入後は早めに食べることが望ましいとされるが、冷凍庫に入れて凍らせてから食べることもできる。この場合は、そのまま食べる場合とは違った食感を楽しむことができる。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]