高岡大仏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯36度44分44.3秒 東経137度1分1.9秒

高岡大仏
大佛寺

高岡大仏(たかおかだいぶつ)は、富山県高岡市大佛寺にある銅造阿弥陀如来坐像。

概要[編集]

台座の内部には回廊があり、中央の部屋には1900年に焼失した木造大仏の頭部が鎮座している[1]。高岡大仏は高岡銅器の職人の技術の結晶と言えるもので、高岡市の象徴的な観光地となっている。高岡市指定有形文化財に指定されている。

奈良の大仏鎌倉大仏に並ぶ日本三大仏を自称しているが[2][3]、三仏目は他にも諸説あり、そのいずれも奈良、鎌倉と並び称するには歴史、格とも違い過ぎるため、一般的には認められていない。また、小杉大仏庄川大仏と共に越中三大仏の一つである。

1933年、歌人の与謝野晶子が高岡を訪れた際に、高岡大仏を「鎌倉大仏より一段と美男」と評したとも伝わり、端正な顔立ちの大仏と言われる。

歴史[編集]

各種諸元[編集]

  • 全体の高さ 15m85cm
  • 坐像の高さ 7m43cm
  • 顔の大きさ 2m27cm
  • 白毫の直径 15cm
  • 螺髪の直径 9cm
  • 螺髪の数 648個
  • 肉髻の直径 45cm
  • 目の長さ 36cm
  • 鼻孔の大きさ 30cm
  • 耳の長さ 1m21cm
  • 髭の長さ 60cm
  • 手の長さ 2m12cm
  • 指の太さ 64cm
  • 光背の外径 4m54cm
  • 光背の内径 3m64cm
  • 光背の幅 45cm
  • 光背の厚さ 15cm
  • 蓮弁の幅 1m21cm
  • 蓮弁の長さ 2m
  • 蓮弁の数 64枚
  • 総重量 13,125kg


交通アクセス[編集]

高岡市の市街地の中心に位置している。最寄り駅である万葉線高岡軌道線の坂下町停留場には、「高岡大仏口駅」という副駅名が付いている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 地獄絵なども展示されていて、小さい頃にこれを観た人はトラウマになることがある[要出典]
  2. ^ 観光スポット 高岡大仏とやま観光ナビ
  3. ^ 高岡大仏高岡市 2013年3月21日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]