食事バランスガイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

食事バランスガイド(しょくじバランスガイド)とは、健康的な食生活を実現するため、摂取する食品の組み合わせや摂取量の目安をイラストで示した資料である。2005年(平成17年)6月、厚生労働省農林水産省が共同で、生活習慣病の予防を目的とした日本の「食生活指針」を分かりやすく具体的に実践するツールとして策定した。食糧自給率の向上も目的としている。食育の重要な一環とされる[1]。2006年には、「妊産婦のための食事バランスガイド」も策定された。

食事バランスガイド

概要[編集]

「食事バランスガイド」は、主食、副菜、主菜という日本の伝統的な分け方を採用している。層状に区切られたコマのイラスト中に「主食」、「副菜」、「主菜」、「牛乳乳製品」、「果物」の5項目が示されており、グループごとの摂取量の目安が記されている。

食事バランスガイドの区分
区分 1日の量 (SV) 1つの基準 多く含まれる栄養素
主食(ごはん、パン、麺類) 5~7つ 炭水化物 40g 炭水化物
副菜(野菜、きのこ、いも、海藻料理) 5~6つ 重さ 70g ビタミンミネラル食物繊維
主菜(肉、魚、卵、大豆料理) 3~5つ たんぱく質 6g たんぱく質
牛乳・乳製品 2つ カルシウム 100mg カルシウム
果物 2つ 重さ 100g ビタミンCカリウム

この基本形の図に書いてある量には、ほとんどの女性と身体活動レベルの低い男性が該当する。

2002年(平成14年)の集計では、高血圧が約3100万人、高脂血症(脂質異常症)が約3000万人、糖尿病の可能性を否定できない人は合計約1620万人とされ、人口のほぼ半分に相当する47%がこの3つのいずれかに該当する[2]。この3つの生活習慣病である人の多くは果物の摂取が制限される必要がある[3]。糖尿病では果物は1単位に制限される[4]。このように「果物を2つ」というのは健康な場合に限定されるが、そうでない場合も多々ある。また、高脂血症や動脈硬化性では獣鳥より魚・大豆・野菜からの栄養に比重を置く必要があるというように特定の疾患の場合における食事についても注意する必要がある[3]

「食事バランスガイド」のイラストは、ウェブサイトからダウンロード可能で、リーフレットカードCD-ROMでも提供されている。

農林水産省によるCMにはタレント優香を起用した。

起源[編集]

1974年スウェーデンで、食品を大まかに分類しそれぞれの摂取量の目安をピラミッド状に図示したものが起こりとなっている。この様な図表は世界各国で作成され、ピラミッドや楼閣と様々な形状がある。主食である炭水化物に比重が置かれているのが特徴的である。日本では『発掘!あるある大事典』などで紹介され、広く認知されるようになった。

フードガイドピラミッド(アメリカ) 1992年
マイピラミッド(アメリカ) 2005年

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]