青幇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青幇
組織の概要
設立年: 清代前期
設立場所: 江南
設立者: 船で米を運ぶ水夫たち
首領: 黄金栄
杜月笙
張嘯林
活動期間: 清代前期-1950年代半ば
活動範囲: 上海
構成民族: 中国人
構成員数: 75万人
主な活動: 麻薬売買
賭博
売春
友好組織: 中国国民党
敵対組織: 中国共産党

青幇(ちんぱん)は中国秘密結社。元々は職業ギルドだったが時代が下がるにつれ解放前の中国の暗黒面を代表する犯罪組織になった。上海を牛耳りアヘン賭博売春を主な資金源とした。その中でもアヘンを最大の資金源とし一時は中国全土の取引を支配した。

歴史[編集]

組織の起源[編集]

大運河

鎖国をしていたは、海禁政策を採っており江南地方から北京を運ぶのに大運河を使用していた。で米を運ぶ水夫たちは、その道中の困難さから必然的に団結し羅教に影響されて結社をつくった。最初は安清幇、後に青幇と呼ばれるこの組織は愛国的であり政府に協力的であることを標榜したが、そもそも中国では結社禁止であり政府は警戒していた。北京に米を運んだ後、帰りの空船に禁制品であるやアヘンを詰め込み密売しては利益を得ていたことも原因である。アヘン戦争後、五港が開港し上海経由で物資が海上輸送されるようになると水夫たちは職を失い路頭に迷うようになった。こうした状況に対処するために組織を維持し上海に進出していく。

巨大犯罪組織[編集]

当時の上海

一方で上海は、列強諸国の租界が誕生し商工業が急速に発展した。それにつられて中国各地から移民、流民が押し寄せてきた。彼らが出身地ごとに団結し組織を結成した。七つあったその組織は統合が進み最終的に紅幇と青幇が残り裏社会を支配するようになった。当時の上海の人口300万人のうち四分の一が両組織に属していたといわれる。そのうち青幇はフランス租界の娯楽施設「大世界」の一帯を本拠地にしていた。この「大世界」は合法、非合法のあらゆる快楽が味わえる総合娯楽センターで1917年に親分の黄金栄が建設した。

三人の頭目 [編集]

当時の青幇の大親分の黄金栄杜月笙張嘯林の三人は上海では誰も知らないものがいなかった。特に杜月笙は最も勢力が強くゴッドファーザー的な存在だった。1925年に大公司を設立し町のアヘン市場の独占を図り1930年代には事実上、中国全土のアヘン流通を支配していた。

軍閥が割拠していた頃は、支配されていたが国民党北伐を開始し1927年に到着すると司令官の蒋介石に接近し、4月12日の上海クーデターに協力して多数の共産党員を処刑した。それ以前より蒋介石と義兄弟の契りを交わし交友を深めていたとされる(蒋介石も青幇の一員であったとする説もある)杜月笙は、この功績から4月18日の南京国民政府成立時に将軍の地位を与えられた。1929年には銀行を設立し、フランス租界内の莫大な資金を一手に吸い上げた。

しかし、日中戦争の激化、1937年の日本軍の上海占領が起こると杜月笙は蒋介石に従い脱出したが張嘯林はそのまま留まり日本に協力し、その為暗殺された。第二次世界大戦終結後の1945年、杜月笙は上海に戻ったが政府の青幇への取り締まりもあってかつての勢いをなくし国共内戦が共産党の勝利に終わった1949年香港に脱出した。本土の犯罪組織は完全に取り押さえられ、杜月笙と一緒に香港に到着した青幇も、1951年に彼がアヘン中毒のために死ぬと力を失い、1950年代半ばには消滅した。

なお、青幇は組織としては消滅したものの、現在の香港台北の暗黒街には青幇の要素が色濃く残ることから、青幇は内部分裂をしたのだという説・組織の生き残りのために分散させたのだという説・すべてを統括する形で青幇は残存するという説も一部の研究者の間で考えられ、実際に華僑のなかにもそのような証言が見られることから、新中国建国に伴う「解放」後の経緯については、不明確な部分が多い。

登場作品[編集]

漫画[編集]

  • 龍-RON- - 主人公が一時期身を置いていた。
  • 蒼天の拳 - 主人公が組織の協力者という設定になっている。
  • 黒執事 - 登場人物の劉が、組織の幹部という設定になっている

関連項目[編集]