霊魂論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Aristoteles Louvre.jpg
アリストテレスの著作
論理学:
オルガノン:
範疇論 - 命題論
分析論前書 - 分析論後書
トピカ - 詭弁論駁論
自然学:
自然学 - 天体論
生成消滅論 - 気象論
霊魂論 - 自然学小論集
動物誌
動物部分論 - 動物運動論
動物進行論 - 動物発生論
形而上学:
形而上学
倫理学:
ニコマコス倫理学
大道徳学
エウデモス倫理学
政治学:
政治学
アテナイ人の国制
その他:
弁論術 - 詩学

霊魂論』(: Περὶ Ψυχῆς (Perì Psychês)、: De Anima: On the Soul)は生き物の本性、霊魂に関するアリストテレスの著作である。 『霊魂論』のほかに『デ・アニマ』『魂について』等とも訳される。

構成[編集]

全3巻から成る。

  • 第1巻 - 全5章
    • 第1章 - 序論。『霊魂論』の領域。
    • 第2章 - 従来の霊魂にまつわる諸説。
    • 第3章 - 霊魂起動説などに対する批判。
    • 第4章 - 霊魂ハルモニア(諧調)説などに対する批判。
    • 第5章 - 前章の続き。
  • 第2巻 - 全12章
    • 第1章 - 霊魂の共通定義。
    • 第2章 - 霊魂の諸性質と正しい定義。
    • 第3章 - 霊魂の諸能力。
    • 第4章 - 諸能力の研究上の順序。
    • 第5章 - 感覚についての一般的規定。
    • 第6章 - 感覚対象の種類。
    • 第7章 - 視覚と色。
    • 第8章 - 聴覚と音。
    • 第9章 - 嗅覚と臭い。
    • 第10章 - 味覚と味。
    • 第11章 - 触覚
    • 第12章 - 諸感覚の一般的性格。
  • 第3巻 - 全13章
    • 第1章 - 第六の感覚の不存在。
    • 第2章 - 共通感覚。
    • 第3章 - 思惟と感覚と表象の区別。
    • 第4章 - 受動的理性
    • 第5章 - 能動的理性。
    • 第6章 - 単純概念の思惟。
    • 第7章 - 可能態・現実態にある知識の関係、感覚対象と感覚能力との関係、感覚能力と欲望の関係、思考力と欲望の関係、窮極の感覚、異類の性質判別、思惟能力と表象像と欲望の関係、抽象的なものの思惟、理性とその対象の関係など。
    • 第8章 - 思惟と感覚に関する研究結果の要約。
    • 第9章 - 起動的能力についての諸問題。
    • 第10章 - 実践的理性と欲望との関係。
    • 第11章 - 下等動物を動かすもの。
    • 第12章 - 補説1。
    • 第13章 - 補説2。

内容[編集]

本書はアリストテレスによる自然哲学の研究の一部に属する著作であり、生命を持つ有機的物体の現実性として定義される霊魂について研究したものである。ただしこの霊魂は肉体から分離するものではなく、身体と不可分であり、ある種の機能として考察している。アリストテレスはこの霊魂についての研究を自然哲学において対象が厳密であること、またあらゆる生物の原因として位置づけていることから特に重要視している。

生命[編集]

霊魂は生命の機能として捉えることが可能であり、生物の発展の段階に応じて霊魂も発展している。これは栄養、感覚、欲求、運動、思考などを備えており、植物は栄養と感覚能力を備えているが動物はさらに快苦を区別して快楽を追及する欲求の能力を備えている。

五官[編集]

感覚には触覚味覚嗅覚聴覚視覚という五つの感覚があり、それら感覚器官に共通して感じることができる対象には運動、静止、数量、形状、大きさの五つがある。それら感覚の中でも触覚はあらゆる動物に一般的に備わっているとアリストテレスは指摘し、触覚能力が十分にあってはじめて他の能力が備わっていくものと考えていた。

理性[編集]

人間はさらに感覚よりも高度な思考の能力を備えていると論じる。理性とは霊魂の最高の段階であり、これは身体と区別することができる機能であり、この理性こそが霊的性格を持っているとする。

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]