動物部分論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Aristoteles Louvre.jpg
アリストテレスの著作
論理学:
オルガノン:
範疇論 - 命題論
分析論前書 - 分析論後書
トピカ - 詭弁論駁論
自然学:
自然学 - 天体論
生成消滅論 - 気象論
霊魂論 - 自然学小論集
動物誌
動物部分論 - 動物運動論
動物進行論 - 動物発生論
形而上学:
形而上学
倫理学:
ニコマコス倫理学
大道徳学
エウデモス倫理学
政治学:
政治学
アテナイ人の国制
その他:
弁論術 - 詩学

動物部分論』(: Περὶ ζώων μορίων: De Partibus Animalium: Parts of Animals)とは、古代ギリシャ哲学アリストテレスによって書かれた、動物生物に関する研究書の1つ。彼の5冊ある動物学著作の中では、『動物誌』に次ぐ第2書であり、動物の身体における各組織・各器官が、その役割・目的と共に解剖学的に描写・考察される。

構成[編集]

全4巻から成るが、本論は第2巻以降であり、第1巻は序論として、アリストテレスの動物学・生物学の概論が改めて述べられている[1]

  • 第1巻 - 全5章
    • 第1章 - 自然学の方法、必然性と目的因、霊魂について
    • 第2-4章 - 動物の分類法、二分割法の限界
    • 第5章 - 動物体の構造研究の意義、解剖学の重要性、本書の目的
  • 第2巻 - 全17章
    • 第1章 - 動物体構成の3段階 - 1「根源的物質」、2「等質部分(組織)」、3「異質部分(器官)」
    • 第2章 - 根源的物質1 (熱いもの、冷たいもの)
    • 第3章 - 根源的物質2 (固形のもの、流動するもの)
    • 第4章 - 等質部分1 (血液
    • 第5章 - 等質部分2 (軟脂硬脂
    • 第6章 - 等質部分3 (骨髄
    • 第7章 - 等質部分4 (脳髄
    • 第8章 - 等質部分5 (
    • 第9章 - 等質部分6 (
    • 第10章 - 異質部分1 有血動物の頭部と器官 (感覚器
    • 第11-12章 - 異質部分2 (
    • 第13-15章 - 異質部分3 ((まぶた)と睫毛(まつげ))
    • 第16章 - 異質部分7 (
    • 第17章 - 異質部分8 (
  • 第3巻 - 全15章
    • 第1章 - 異質部分9 (
    • 第2章 - 異質部分10 (
    • 第3章 - 異質部分11 頸部の器官 (食道気管咽頭蓋
    • 第4章 - 異質部分12 内臓器官 (心臓
    • 第5章 - 異質部分13 (血管
    • 第6章 - 異質部分14 (肺臓
    • 第7章 - 異質部分15 (肝臓脾臓
    • 第8章 - 異質部分16 (膀胱
    • 第9章 - 異質部分17 (腎臓
    • 第10章 - 異質部分18 (横隔膜
    • 第11章 - 異質部分19 (
    • 第12章 - 異質部分20 各種動物の内臓の比較
    • 第13章 - 異質部分21 内臓と肉との比較
    • 第14章 - 異質部分22 (
    • 第15章 - 異質部分23 (胃の中の凝乳剤
  • 第4巻 - 全14章
    • 第1章 - 異質部分24 卵生類の内蔵の特異性
    • 第2章 - 異質部分25 (胆嚢
    • 第3章 - 異質部分26 (網膜
    • 第4章 - 異質部分27 (腸間膜
    • 第5章 - 異質部分28 無血動物の内部
    • 第6章 - 異質部分29 無血動物(有節類)の外部
    • 第7章 - 異質部分30 無血動物(殻皮類)の外部
    • 第8章 - 異質部分31 無血動物(軟殻類)の外部
    • 第9章 - 異質部分32 無血動物(軟体類)の外部
    • 第10章 - 異質部分33 有血動物(胎生類)の外部
    • 第11章 - 異質部分34 有血動物(卵生四足類)の外部
    • 第12章 - 異質部分35 有血動物(鳥類)の外部
    • 第13章 - 異質部分36 有血動物(魚類鯨類アザラシコウモリ)の外部
    • 第14章 - 異質部分37 有血動物(ダチョウ)の外部

内容[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『アリストテレス全集 8』 岩波書店 p503

関連項目[編集]