命題論 (アリストテレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Aristoteles Louvre.jpg
アリストテレスの著作
論理学:
オルガノン:
範疇論 - 命題論
分析論前書 - 分析論後書
トピカ - 詭弁論駁論
自然学:
自然学 - 天体論
生成消滅論 - 気象論
霊魂論 - 自然学小論集
動物誌
動物部分論 - 動物運動論
動物進行論 - 動物発生論
形而上学:
形而上学
倫理学:
ニコマコス倫理学
大道徳学
エウデモス倫理学
政治学:
政治学
アテナイ人の国制
その他:
弁論術 - 詩学

命題論』(めいだいろん、: Περὶ Ἑρμηνείας: De Interpretatione, : On Interpretation)とは、アリストテレスの著作であり、『オルガノン』の中の一冊。

文字通り、様々な(真偽判定の対象となる)「命題文」のあり方について述べられている。原題は、「表現について」「説明について」「解釈について」といった程度の意味。

構成[編集]

14の章から成り、1-13については内容上、

  • 1-4章 - 事物、思想、音声(話し言葉)、文(書き言葉)の相互関係、文要素としての名詞・動詞の定義
  • 5-11章 - 肯定と否定、単純命題と複合命題、普遍的・特殊的・個別的の区別、対立・真偽・肯定否定・時制(現在・過去・未来)など
  • 12-13章 - 様相(可能・不可能・必然)

の3つに分けることができる[1]

最後の14章に関しては、それまでに完了している議論に対する追加的なものであり、真作性に疑義を呈する意見もある[2]

内容[編集]

第1章
序論。名詞・動詞、否定・肯定・表現・文などの定義の必要性。

名詞・動詞それ自体は、真でも偽でもない。

第2章
「名詞」について。

  • 名詞」 - 「約束」によって[3]意味を持つ音声。「時」を含まない。

第3章
「動詞」[4]について。

  • 動詞」 - それの持つ固有の意味に、「時」を合わせ示す。

第4章
「文」について。

  • 」 - 意味を持った音声。
  • 命題文」 - 真偽が存在する文。

第5章
命題文の肯定・否定、単純・複合。

第6章

  • 矛盾対立命題」 - 同一のものについて肯定と否定が対立するもの。

第7章
事物の普遍と個別。

第8章
基体(主語)の単一性。

第9章
時制(過去・現在・未来)と真偽。

過去・現在については真偽が成立するが、未来の個別的なものについては決定できない。

第10章
肯定命題・否定命題のバリエーション。

第11章
表現対象の複数性と、弁証術

第12章
様相」(可能・許容・不可能・必然)について。

第13章
「様相」(可能・許容・不可能・必然)と、肯定命題・否定命題のバリエーション。

第14章
命題の関係性についての判断。

訳書[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『アリストテレス全集』岩波書店 p162-163
  2. ^ 『アリストテレス全集』岩波書店 pp161-162
  3. ^ プラトンの『クラテュロス』における議論、すなわち「名は習俗的・社会的な約束事でははく、自然本性に由来する」を意識的に否定している。
  4. ^ ここで言う「動詞」は、「○○である」という形容詞的な語も含む。

関連項目[編集]