生成消滅論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Aristoteles Louvre.jpg
アリストテレスの著作
論理学:
オルガノン:
範疇論 - 命題論
分析論前書 - 分析論後書
トピカ - 詭弁論駁論
自然学:
自然学 - 天体論
生成消滅論 - 気象論
霊魂論 - 自然学小論集
動物誌
動物部分論 - 動物運動論
動物進行論 - 動物発生論
形而上学:
形而上学
倫理学:
ニコマコス倫理学
大道徳学
エウデモス倫理学
政治学:
政治学
アテナイ人の国制
その他:
弁論術 - 詩学

生成消滅論』(: Περὶ γενέσεως καὶ φθορᾶς: De Generatione et Corruptione: On Generation and Corruption)とは、古代ギリシャ哲学アリストテレスによって書かれた、文字通り、物理的実体の(化学的な)「生成消滅」についての自然哲学書。

アリストテレスの自然学著作の中では、『自然学』『天体論』に次ぐ、第3の書物であり、内容的にも、『天体論』と本書の後に続く第4の書籍である『気象論』を橋渡しするものとなっている[1]

構成[編集]

全2巻から成る。

  • 第1巻 - 全10章。
    • 第1章 - 一元論と多元論にまつわる諸説の考察。
    • 第2章 - 原子論の考察。
    • 第3章 - 生成の差異。
    • 第4章 - 生成消滅と質的変化の差異。
    • 第5章 - 生成消滅と増大・減少の差異。
    • 第6章 - 接触について。
    • 第7章 - 「作用-被作用」に関する諸見解。
    • 第8章 - エンペドクレスの説。
    • 第9章 - 被作用の原因・範囲。
    • 第10章 - 混合について。
  • 第2巻 - 全11章。
    • 第1章 - 四元素の原理、「第一質料」と「対立性質」。
    • 第2章 - 第1の「対立性質」である「温-冷」「乾-湿」。
    • 第3章 - 基本的四性質としての「温」「冷」「乾」「湿」。
    • 第4章 - 単純物体の相互変化、変化の難易・遅速による三分類。
    • 第5章 - 変化の円環性。
    • 第6章 - 相互変化を認めないエンペドクレス説の限界。
    • 第7章 - 結合体・同質体の生成。
    • 第8章 - 結合体の諸要素含有性。
    • 第9章 - 生成の諸原因、質料因・形相因(目的因)と動力因。
    • 第10章 - 生成消滅の動力因としての太陽の二重運動。
    • 第11章 - 生成の永遠性・必然性・円環性。

内容[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『アリストテレス全集 4』 岩波書店 pp405-410

関連項目[編集]