陳嘉庚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
陳嘉庚
Chenjiageng.JPG
廈門大学の銅像
プロフィール
出生: 1874年10月21日
同治13年9月12日)
死去: 1961年8月12日
Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国北京市
出身地: 清の旗 福建省泉州府同安県
職業: 実業家
各種表記
繁体字 陳嘉庚
簡体字 陈嘉庚
拼音 Chén Jiāgēng:北京語
Tân Kah-kiⁿ:福建語
和名表記: ちん かこう
発音転記: チェン ジャーゴン:北京語
タン カーキン:福建語
英語名 Tan Kah Kee
テンプレートを表示

陳 嘉庚(ちん かこう)は、イギリス統治下のイギリス領マラヤシンガポール)で活躍した華僑実業家。排日運動を率いた政治活動家。慈善活動家。

生涯[編集]

福建省同安県廈門出身。 マレー半島における華僑ゴム業の最盛期であった1909年から1926年頃迄は、陳が最大の栽培業者であるとともに最大のゴム製造業者であった。湖文虎と並び称される華僑成功者の巨頭。

また、イギリス領マラヤにおいて排日運動を率いた政治活動家としても知られ、郷国である中国及び華僑の教育に労した人物。

華僑実業家[編集]

1907年イギリス支配下あったマレー半島の山地500エーカーを購入、パイナップルを植樹した[1]。このとき試験的にゴム苗を購入し、畑に植えたことがゴム業への契機となる。

イギリス領マラヤでは、1976年に初めてゴム苗がマヤラに到着して以降、イギリス政府主導のもと移民などによるプランテーションが活況を呈し始めていた。林文慶、林義順、曽公水、陳楚楠などの華僑がゴム園を各地に創業、陳が経営する「陳嘉庚有限公司」も1909年にパイナップル園をイギリス人に売却し、数千エーカー土地を購入、本格的にゴム栽培に参入する。[1]

1916年にはパイナップル工場の一角と精米所をゴム製造工場に改築し、1921年に新規でゴム製造工場を設立。タイヤ、レインコート、ゴム靴を製造、販路は南洋から中国本国、遠くはカナダにまで及んだ。1921年から1926年にかけて経営するゴム園は1万6千エーカーに達し、社員6000人、支店数は80店舗の企業に成長した。

欧州人によるゴム園買収が行われた1926年から華僑ゴム業者は衰退する。世界恐慌の煽りを受けた1929年には、陳も販路を喪失、ゴム工場も生産過剰に陥った。さらに、不況による混乱によってゴム価格が下落、華僑ゴム業者が将棋倒しに破産に追い込まれる中で、欧州人による更なるゴム園買収が行わる。パイナップル工場も不況に陥った1933年2月、「国際ゴム調整委員会」の成立を待たずして陳嘉庚有限公司は破産した[2]。財を成して後、ゴム王と呼ばれた。

排日活動家[編集]

イギリス領マラヤは、在来住民であるマレー人に加えて、アヘンなどの東西交易などの便船の都合上から、イギリスインドオーストラリア中国日本、近隣諸国等からの移民が集まる多民族国家であり、国際情勢の変化を受けやすい状況下にあった。

1923年9月、陳により創刊された新聞「南洋商報」は、発行部数は1万8千部、特に排日色が濃いとされる新聞であった。[3]

1937年の支那事変からシンガポール地域における排日運動は、熾烈を極めた[4]。 マレー華僑否南洋の華僑総元締であった陳及び数人は、中国から派遣された愛国宣伝員と各種組合やクラブを率いて排日活動をし、日本人と取引した疑いのあるものに耳を切り落とすなどの残虐な行為や多額の罰金を課すなどの違法行為を行ったことから、他国出身者までが日本人との取引を憚るようになった[5]

日本製品を調査し、監視、破棄する、許可無く難民救済を語り寄付を募るなどの中国人による不法の限りが英植民地において観過される中、政府支配下の鉄工場やゴム工場までも影響が及んだことから政府による鎮圧が行われた。また、英独開戦とともに治安維持の必要上から、政府は取締りを強化、寄付金の制限や収支の報告公開を求めた。

蒋介石の敗退とともに運動員に対する中国からの資金供給が断たれ、陳を含めた要人は国外退去に処された[6]

慈善活動家[編集]

  • 民国元年(1912年) - 故郷である福建省廈門に集美学校という小学校を設立、後に中等部、専門部、高等部を併設。
  • 1917年 - 華僑ゴム業者の林義順と共にシンガポールに華僑中学を開校。
  • 民国12年(1923年) - 廈門市の省政府から公用地を譲受け、私財を投じて中国福建省廈門大学を創設した。

教育にも熱心で、南洋華僑中学、廈門大学など多くの学校を創設した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 「華僑襍記」陳嘉庚、233頁
  2. ^ 「華僑襍記」陳嘉庚、235頁
  3. ^ 「華僑襍記」陳嘉庚、238頁
  4. ^ 「最近のシンガポール事情 : 附・南洋華僑に就きて」シンガポール華僑、13頁
  5. ^ 「最近のシンガポール事情 : 附・南洋華僑に就きて」シンガポール華僑、14頁
  6. ^ 「最近のシンガポール事情 : 附・南洋華僑に就きて」シンガポール華僑、15頁

参考文献[編集]

  • 「華僑襍記」朝日新聞社、1942年
  • 「最近のシンガポール事情 : 附・南洋華僑に就きて」熱帯文化協会、1941年

関連項目[編集]