金亨稷郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金亨稷郡
位置
DPRK2006 Ryanggang-Kimhyongjik.PNG
各種表記
ハングル 김형직군
漢字 金亨稷郡
発音 キムヒョンジックン
ローマ字転写 Kimhyŏngjik kun
テンプレートを表示

金亨稷郡(キムヒョンジクぐん)は朝鮮民主主義人民共和国両江道に属する郡。金亨稷金日成の父。旧名は厚昌郡(フチャンぐん)。

地理[編集]

鴨緑江に面しており、北の対岸は中華人民共和国遼寧省である。郡南端の最高峰・喜色峰(朝鮮語희색봉)(2185m)をはじめとする山々が連なり、平均標高が1000m近い山岳地帯であり、農地は少なく、林業と木材加工業が主産業となっている。

両江道の最西端にあり、東隣に金正淑郡がある。西と南は慈江道で、中江郡和坪郡狼林郡と接する。

歴史[編集]

かつての厚昌郡は現在の慈江道和坪郡を含み、平安北道の最東端に位置していた。1988年、金日成の家系の顕彰のために、金亨稷郡に改称。

2004年9月、金亨稷郡内で大規模な爆発がありきのこ雲が観測されたとのニュースが伝えられ、核実験・事故・反体制派によるなんらかの事件などの憶測が流れたが、北朝鮮当局は水力発電所建設のために山を爆破したものと発表した。

朝鮮時代 - 江界府に属する。

1909年平安北道厚昌郡となる(5面)。

1949年1月 - 慈江道に属する。

1952年12月 - 七坪面・南新面を和坪郡として分割。

1954年10月 - 両江道に属する。

1988年8月 - 金亨稷郡に改称。

行政[編集]

現在の中心地は旧・厚昌邑。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]