三水郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三水郡
位置
DPRK2006 Ryanggang-Samsu.PNG
各種表記
ハングル 삼수군
漢字 三水郡
発音 サムス=グン
日本語読み: さんすいぐん
ローマ字転写 Samsu-kun
テンプレートを表示

三水郡(サムスぐん)は朝鮮民主主義人民共和国両江道に属する郡。

地理[編集]

両江道のほぼ中央部に位置する。郡の北の境界は鴨緑江で、対岸は中華人民共和国である。

東北に恵山市、東南に甲山郡、南に豊西郡、西北に金正淑郡が隣接する。

歴史[編集]

三水郡は、朝鮮王朝初期に甲山郡から分かれた区域で、咸鏡道に属した。王朝時代にこの地域の位置づけは昇格・降格を経て変遷があったが、1895年の地方制度改革によって郡となった。植民地期は咸鏡南道に属し、現在の金正淑郡(新坡郡)を含んでいた。

1945年8月時点で、三水郡は三水面(1942年に三南面から改称)・襟水面・好仁面・新坡面(1942年に江鎮面から改称)・自西面・三西面・館興面の7面から構成されていた。1952年の行政区画再編により新坡面などの西部を新坡郡として分離した。

年表[編集]

外部リンク[編集]