恵山市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
恵山市
位置
DPRK2006 Ryanggang-Hyesan.PNG
各種表記
ハングル 혜산시
漢字 惠山市
発音 ヘサン=シ
日本語読み: けいざんし
ローマ字転写 Hyesan-si
テンプレートを表示

恵山市(ヘサンし、혜산시)は朝鮮民主主義人民共和国北部の両江道の道都。鴨緑江に面した中国との国境の町である。

国境となっている鴨緑江が、この周辺では狭くまた浅くなっているため、密貿易が盛んである。このため一説には生活水準は平壌より上といわれている。

地理・気候[編集]

標高2,000m級の山々に囲まれた標高715mの恵山盆地の中心部にある。朝鮮でも特に寒い地域であり、1915年には-42℃を記録した。冬季の1月の平均気温は-16.5℃と酷寒である。

東は雲興郡、東北は普天郡、南は甲山郡、西は三水郡に接する。北は鴨緑江を隔てて中国吉林省長白朝鮮族自治県がある。

恵山(1981〜2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
日平均気温 °C (°F) −16.5
(2.3)
−11.3
(11.7)
−3.2
(26.2)
6.0
(42.8)
12.4
(54.3)
17.0
(62.6)
20.4
(68.7)
20.3
(68.5)
13.3
(55.9)
5.4
(41.7)
−3.9
(25)
−13.4
(7.9)
3.87
(38.97)
降水量 mm (inch) 14.6
(0.575)
8.8
(0.346)
31.7
(1.248)
36.1
(1.421)
73.8
(2.906)
99.2
(3.906)
149.4
(5.882)
104.8
(4.126)
59.5
(2.343)
35.6
(1.402)
26.2
(1.031)
22.8
(0.898)
662.5
(26.084)
出典: 気象庁[1]
中国・吉林省の長白朝鮮族自治県から見た恵山市内。正面の川は鴨緑江

歴史[編集]

歴史的には咸鏡道甲山郡の一部であり、恵山鎮を中心に辺境防御の砦が置かれていた。

  • 朝鮮王朝時代 - 甲山府に属し恵山鎮が置かれ、兵馬僉節制使が駐在した。
  • 1934年 - 普恵面が恵山邑に昇格。
  • 1942年4月 - 甲山郡から恵山邑・雲興面・普天面を分割、鳳頭面・大鎭面を新設し、三水郡別東面を編入して恵山郡を新設(1邑5面)。
  • 1952年12月 - 恵山郡の恵山面・鳳頭面全域、雲興面・別東面の各一部により再構成。
  • 1954年10月 - 新設された両江道に属し、中心部が恵山市に、山間部が雲興郡となる。
  • 1961年3月 - 雲興郡の一部を編入。

交通[編集]

  • 恵山線

観光[編集]

  • 掛弓亭:恵山鎮城南門の門楼として李氏朝鮮時代に建てられた。

教育[編集]

  • 師範大学
  • 農林大学

メディア[編集]

  • 両江道放送
  • 両江日報

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平年値データ ヘサン(恵山)”. 気象庁 (2013年4月). 2013年4月2日閲覧。
  2. ^ Hyesan, North Korea Climate Normals 1961-1990”. World Climate Home. 2013年4月1日閲覧。

外部リンク[編集]