大紅湍郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大紅湍郡
位置
DPRK2006 Ryanggang-Taehongdan.PNG
各種表記
ハングル 대홍단군
漢字 大紅湍郡
発音 テホンダン=グン
ローマ字転写 Taehongdan kun
テンプレートを表示

大紅湍郡(テホンダンぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国両江道の東北端に位置する郡。

地理[編集]

豆満江上流域に位置する。西に三池淵郡白岩郡、南に雲興郡、東南に甲山郡と境を接する。

歴史[編集]

植民地期は咸鏡北道茂山郡の一部。大紅湍郡は1978年に新設された行政区画である。

1939年、金日成が率いる東北抗日聯軍の一部隊は満洲からこの地に潜入し、6月に大紅湍で日本軍部隊と交戦したという。北朝鮮ではこれを「茂山地区戦闘」と称している。この戦闘は金日成が指導する「朝鮮人民革命軍」の勝利とされ、「茂山地区戦闘勝利記念塔」が建てられている。また、金日成が拠点を置いた「青峰宿営地」周辺では、1961年に当時のスローガンが記された立ち木が見つかったとされ、これをガラスケースで保護して保存するなど、白頭山周辺の「革命の聖地」の一つとしての造営・整備がおこなわれている。

年表[編集]

  • 1978年8月 - 両江道5号地区、両江道三池淵郡の大紅湍労働地区、咸鏡北道延社郡の一部をあわせて大紅湍郡が編成される。
  • 1990年6月 - 円峰労働者区が白岩郡に編入される。

産業[編集]

ジャガイモの産地といわれる。1990年代末から2000年代初頭にかけて、金正日の現地指導によって、深刻な食糧問題を解決するためのジャガイモ生産法である「大紅湍式農法」が確立したとされている。

外部リンク[編集]