金のはさみのカニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

金のはさみのカニ』(きんのはさみのかに、原題・フランス語: Le Crabe aux pinces d'or英語: The Crab with the Golden Claws)は、ベルギー漫画家エルジェによるコミックシリーズ『タンタンの冒険』の第9巻である。この作品より、後にタンタンの最大の理解者の一人となるハドック船長が登場する。ナチスのベルギー攻略の影響を受けて、今までシリーズを掲載していた『Le Petit Vingtième(20世紀こども新聞)』の廃刊に伴い、ベルギーの新聞『Le Soir』に連載されたもので第一作となる。上記でも述べたように、第二次世界大戦真っ只中、ベルギーがナチス・ドイツによって占領されていた頃に描かれた作品の一つであり、これ以降は政治的なテーマを避けて純粋な冒険物語に焦点を当てた作品となる。

本エピソードは『Hergé's Adventures of Tintin』と『The Adventures of Tintin』で2度テレビアニメ化され、さらにピーター・ジャクソン製作、スティーヴン・スピルバーグ監督による3Dモーションキャプチャ映画『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』(2011年)でも原作の一つとなった。

あらすじ[編集]

いつものように愛犬スノーウィと一緒に散歩中のタンタン。スノーウィがゴミ箱に顔を突っ込み、缶詰の空き缶が鼻にはさまる。缶を取ってやったタンタンは、デュポンとデュボンに偶然出会い、ある溺死体の遺留品の中にスノーウィが鼻を突っ込んだ缶と同じ、カニの絵が描かれたラベルを見つける。そのラベルの破れ方から見て、スノーウィの見つけた缶から破られたものと思ったタンタンは空き缶のあったゴミ箱に急ぐが、さっきの缶はなくなっていた。遺留品のラベルの裏には、「カラブジャン」と書いてあることを知り、デュポンからの知らせで、それが貨物船の名前と知らされタンタンは港へ向かい、カラブジャン号に乗り込むが、船倉に閉じ込められてしまう。

船倉でアヘンが入ったカニ缶を発見し、タンタンは船倉から脱出し、船長室へ忍び込みそこでハドック船長と出会うがハドックは一等航海士のアランの仕業で酒に溺れされ、船長室に閉じ込められ麻薬密輸の事を知らなかった。タンタンはハドック船長と協力しカラブジャン号から脱出し、敵の水上飛行機を奪うことに成功し、陸地へ向かおうとしたが嵐に巻き込まれ水上飛行機北アフリカモロッコサハラ砂漠に墜落してしまい砂漠を彷徨う羽目となる。

ハドックは蜃気楼に翻弄され、タンタン達は行き倒れるがフランス外人部隊ラクダ騎兵に救助され、駐屯地で司令官のデルクール中尉と出会う。そこへカラブジャン号がタンタン達も巻き込まれた嵐によって沈没したことを知る。タンタンと船長は中尉に事情を話し、カラブジャン号が次に寄航する予定だった港町バクハルへと向かう途中、盗賊に襲われる。盗賊に酒のボトルを撃たれ激怒したハドックはライフル銃を振り回し盗賊に向かって突撃し、運良く無線連絡を受けタンタン達の後を追った中尉達の協力もあり無事にバクハルへと到着する。

タンタンとハドックは公安事務所へ向かうがそこでアランを見かけ追跡するが見失いハドックとも逸れてしまう、一方ハドックは停泊していた別の貨物船が嵐を利用して船名を変えたカラブジャン号だと気づきタンタンもハドックを見つけるが、ハドックが一味に連れ去られてしまう、タンタンはカラブジャン号から送った無線を受け取り、バクハルに到着したデュポンとデュボンと合流し、二人がカニ缶を見かけたといい商店に向かうが、そのカニ缶は本物のカニが入った缶詰だった。しかし店の主人からカニ缶を仕入れたオマル・ベン・サラードと言う商人の情報を手に入れデュポンとデュボンはサラードを調査し、タンタンはハドックを探しに行く。

アランを見失ったところで変装をし見張っているとアランがある家に入りタンタンも後を追い、地下室で秘密の通路を発見し潜入するとカラブジャンの船倉にあった缶詰を発見し、捕らわれていたハドックと共に地下通路を逃げる。そして地下通路はサラードの屋敷へと繋がっておりスノーウィがデュポンとデュボンに尋問中だったサラードを気絶させる、しかしアランが逃走しタンタンは後を追い、港で激しいモーターボートによる追跡の末アランを捕まえ桟橋へと戻り、そこでタンタンのアパートの前で連れ去られ、カラブジャン号に閉じ込められていた日本人の刑事、「倉木文治」から事件の経緯を知り、事件は幕を閉じた。

関連項目[編集]