都乃河勇人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

都乃河 勇人(とのかわ ゆうと)は、日本ゲームシナリオライター作詞家ビジュアルアーツ傘下のゲームブランドKeyに所属する。

概要[編集]

2007年1月に発売された『智代アフター 〜It's a Wonderful Life〜 CS Edition』で、Keyの新人シナリオライターとしてデビュー。移植による追加シナリオの一部を担当した。同年7月に発売された『リトルバスターズ!』より、本格的にシナリオ制作に参加。同作では、日常イベントのほとんどと小毬ルート、来ヶ谷ルートを担当した他、エンディングテーマの一つである「Alicemagic」の作詞を手掛けた(同曲は、同作の18禁版である『リトルバスターズ! エクスタシー』でも別アレンジ版が用いられている)。同作での活躍を見た企画担当の麻枝准からは「あとはいかに手を抜いたギャグをなくしていくか」「(執筆のたびに段々評価が上がっているという都乃河の話を受けて)つぎは絶対すごい。業界のトップライターに躍り出る[1]」とまで言われている。

その後、2008年9月発売の『リトルバスターズ! エクスタシー』を最後に、それまでKey草創期からシナリオを書き続けた麻枝がゲームシナリオの執筆を休止した(Keyには音楽、QC担当などとして残留)ことにより、2012年3月現在同ブランド所属の専属ゲームシナリオライターは事実上都乃河のみとなっている。

また、2007年11月にリニューアルされたKey公式サイト内におけるスタッフブログでは、2008年7月に突発企画として行われた『第一回マスターアップ記念・大質問大会』にて、回答者としてKeyや都乃河自身などに関する質問に回答し、自身の人物像にまつわる話を数多く披露した。

人物[編集]

  • 開発室内の電子レンジを使用した後にレンジのドアを開けておく癖があり(都乃河いわく、匂いがレンジ内にこもるから)、レンジの前を通るたびに折戸伸治が閉めていたが、折戸自身はすでに諦めかけているという[2]
  • 「春日部勝利」という名で『智代アフター 〜It's a Wonderful Life〜』、『リトルバスターズ! エクスタシー』、『Rewrite』に声優として出演したことがある。

作風[編集]

「自分で人気のあるキャラクターを生み出すより、人気のあるキャラクターを動かしたほうがやりやすい」、「(キャラ作りが)一番の課題」「短編・中編なら得意だが、長編だとダレてしまう[1]」と本人が述べている。 強調文の末尾には二重感嘆符「!!」を使用することが多く、強調文の末尾に促音「っ」を使うことが多い麻枝と異なっている。

担当作品[編集]

ゲームシナリオ[編集]

  • 智代アフター 〜I's a Wonderful Life〜 CS Edition(移植に伴う加筆修正部分の大半を担当)
  • リトルバスターズ!(神北小毬シナリオ・来ヶ谷唯湖シナリオ・日常イベントの大半を担当)
  • リトルバスターズ! エクスタシー(笹瀬川佐々美シナリオを担当)
  • Rewrite
  • Rewrite Harvest festa!

楽曲[編集]

  • Alicemagic(作詞/『リトルバスターズ!』、『リトルバスターズ! エクスタシー』)
  • 猫と硝子と円い月(作詞/『リトルバスターズ!エクスタシー キャラクターソング〜佐々美〜』)
  • Philosophyz(作詞/『Rewrite』)
  • 恋文(作詞/『Rewrite』)

脚注[編集]

  1. ^ a b Key 『リトルバスターズ!パーフェクトビジュアルブック』 電撃G's magazine編集部、メディアワークス(原著2007年12月)、pp.167-173。ISBN 9784840241564
  2. ^ Keyらじより。

外部リンク[編集]