詩篇23篇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

詩篇23篇(しへん23へん)は旧約聖書詩篇の中の一篇。ユダヤ教キリスト教の両方において、祈りの言葉として愛され、よく唱えられてきた箇所である。キリスト教徒にとって「主」とは「私はよい羊飼い」(ヨハネによる福音書10章)といったイエス・キリストその人と重ねあわされる。

日本語訳[編集]

ダビデの賛歌

主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。

主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。

主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。

たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。

私の敵の前で、あなたは私のために食事をととのえ、私の頭に油をそそいでくださいます。私の杯は、あふれています。

まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。私は、いつまでも、主の家に住まいましょう

ラテン語訳[編集]

  1. PSALMUS. David.Dominus pascit me, et nihil mihi deerit:
  2. in pascuis virentibus me collocavit,super aquas quietis eduxit me,
  3. animam meam refecit.Deduxit me super semitas iustitiae propter nomen suum.
  4. Nam et si ambulavero in valle umbrae mortis,non timebo mala, quoniam tu mecum es.Virga tua et baculus tuus,ipsa me consolata sunt.
  5. Parasti in conspectu meo mensam adversus eos, qui tribulant me;impinguasti in oleo caput meum,et calix meus redundat.
  6. Etenim benignitas et misericordia subsequentur me omnibus diebus vitae meae,et inhabitabo in domo Domini in longitudinem dierum.

芸術作品での引用[編集]

祈りとして現代においても愛唱されるこの詩篇の一節は、さまざまな芸術作品の中でもとりあげられている。


クラシック音楽[編集]

映画・テレビドラマ[編集]

  • エレファント・マン』に於いて、エレファント・マンが本章を暗誦するところを主人公が目撃し、精神遅滞ではなく正常な知能を持っていることを知る。
  • 戦場のメリークリスマス』では、首まで砂に埋められて死ぬまで放置されるという拷問を受けるセリアズに対し、周りのイギリス兵捕虜たちが本章の賛美歌を歌う。
  • カジュアリティーズ』では、現地人の恋人を戦友たちに虐殺されてしまったアメリカ兵が本章を暗誦する。
  • ER緊急救命室』では、医療ミスを犯し窮地に立たされたベントンが教会で本章を暗誦する。

小説[編集]

都市伝説[編集]

外部リンク[編集]