エレミヤの手紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エレミヤの手紙』(エレミヤのてがみ)とは、ユダヤ教プロテスタント諸派では外典として扱い、カトリック教会正教会では旧約聖書に含めている書物の1つである。『バルク書』の第6章として含まれることもある。『哀歌』の後続の小編として位置づけられている。

散文体で書かれており、クムラン近くの洞窟ギリシア語の断片が見つかっていることから、遅くとも1世紀には成立していたと考えられる。

序によるとこの手紙の著者はエレミヤにだが、ヒエロニムスはその可能性を否定している。後世の執筆者によるものだというのが通説である。

内容[編集]

エレミヤの手紙は、バビロンへ拉致されることになった民への手紙という形式を取っており、偶像礼拝の愚かさ、無力さを一貫して指摘している。

偶像は生命を持たず、歩けず、喋れず、何も感じず、と無能さを列挙した上で、それを畏れる者もまた嘲られるというのが主題である。

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「エレミヤの手紙」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。