知恵の書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

知恵の書』は、カトリック教会正教会旧約聖書に含めるが、プロテスタントでは含まず、ユダヤ教でも外典として扱っている書物のうちひとつ。『ソロモンの知恵』とも言われ、内容分析からアレクサンドリア紀元前1世紀ごろ記されたと考えられている。イスラエルの歴史を振り返りながら、知恵が常に存在していたことを、知恵を擬人化しながら述べていく。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「知恵の書」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。