荒井チェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
荒井 チェリー
生誕
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 ? -
ジャンル 4コマ漫画
代表作 三者三葉
公式サイト 荒井チェリー 公式ウェブサイト 『 - C - 』 (日本語)
テンプレートを表示

荒井 チェリー(あらい チェリー)は、日本漫画家女性


略歴[編集]

スタジオDNA(現・一迅社)発行のゲームアンソロジーコミックに津島亮名義で執筆していた(2002年9月発行の「月姫コミックアンソロジー3」が最後の津島亮名義)が、2003年2月より芳文社の4コマ誌「まんがタイムきらら」にて荒井チェリー名義の『三者三葉』でデビュー。その後はアンソロジーコミックでも荒井チェリーと名乗った。

その後も芳文社一迅社などを中心に、2000年代後半の萌え4コマ誌最盛期における主要作家の一人として活躍。特に芳文社においては、ストーリー誌である「まんがタイムきららフォワード」も含めて、まんがタイムきらら系4誌すべてに連載をもっていた時期もあった。

また、商業誌での連載と平行して同人誌活動も行っており、自らのサークル「- C -」のほか、野々原ちきとの合同サークル「ずんだもち姉妹」においても、オリジナルを中心とした作品を発表している。

その他、福島県ゆかりの人物・山本八重をモチーフとして展開されている企画「萌えの桜」や花春酒造の萌酒のイラストも手がけている。

福島県在住のため、2011年3月に発生した福島第一原子力発電所事故により一時自主避難。その影響で一時全ての連載が止まっていたが、7月までに復帰した。

作風[編集]

作品の幾つかは同じ地域が舞台となっており、同じ登場人物や店が複数の作品に登場している(ハイパーリンク)。

作品リスト[編集]

連載中[編集]

連載終了[編集]

パロディ[編集]

外部リンク[編集]