興聖寺 (京都市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
興聖寺
Kosho-ji Temple 140516NI1.JPG
所在地 京都府京都市上京区堀川通寺之内上ル二丁目上天神町647
位置 北緯35度2分10.9秒 東経135度45分0.4秒 / 北緯35.036361度 東経135.750111度 / 35.036361; 135.750111座標: 北緯35度2分10.9秒 東経135度45分0.4秒 / 北緯35.036361度 東経135.750111度 / 35.036361; 135.750111
山号 円通山
宗派 臨済宗興聖寺派
寺格 本山
本尊 釈迦如来
創建年 慶長8年(1603年
開基 虚応円耳(開山)
別称 織部寺(おりべ寺)
文化財 紙本墨画寒山拾得図ほか(重要文化財)
テンプレートを表示

興聖寺(こうしょうじ)は、京都市上京区にある臨済宗興聖寺派本山の寺院である。山号を円通山と号する。本尊釈迦如来古田重然(古田織部)により、虚応円耳開山として創建。曾我蕭白とその一族の菩提寺。織部寺(おりべ寺)とも呼ばれる。

歴史[編集]

世良田(現群馬県太田市)の長楽寺出身の禅僧・虚応円耳が文禄年間(1592 - 1595年)に開いた大昭庵という小庵を前身とする。慶長8年(1603年)、古田重然が虚応を開山として興聖寺を創建した。後に後陽成天皇および後水尾天皇の勅願所となる。当初は顕密兼修の寺院であったが、元禄14年(1701年)に禅宗寺院となる[1]天明の大火(1788年)で焼失するがその後再興された。本堂には本尊釈迦三尊像のほか、愛宕神社旧本地仏の地蔵菩薩像(勝軍地蔵)、藤堂高虎寄進と伝える達磨像などを安置する[2]

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 紙本墨画寒山拾得図 曾我蕭白
  • 絹本著色兜率天曼荼羅図

脚注[編集]

  1. ^ 久野治『古田織部の世界 新訂』、鳥影社、2012、p.239
  2. ^ 『昭和京都名所図会 5 洛中』、p.175; 『京都の禅寺散歩』、pp.263 - 265

参考文献[編集]

  • 竹村俊則『昭和京都名所図会 5 洛中』、駸々堂、1984
  • 竹貫元勝『京都の禅寺散歩』、雄山閣、1994