聖金口イオアン聖体礼儀 (チャイコフスキー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

『聖金口イオアン聖体礼儀』作品41(せいきんこういおあんせいたいれいぎ、教会スラヴ語: Литургия Святаго Иоанна Златоуста)はロシア作曲家ピョートル・チャイコフスキー1878年に作曲した正教会奉神礼音楽。金口イオアンの定めた聖金口イオアン聖体礼儀に曲づけを行った、無伴奏混声合唱による聖歌である。ロシア正教会ウクライナ正教会をはじめとして、日本正教会を含めた世界中の正教会の奉神礼で実際に一部が用いられる事もある。ただし基本的には演奏会等で歌われる事が多い。

歌唱は教会スラヴ語による。

なお、一般に見受けられる『聖ヨハネ・クリュソストモスの典礼』『聖ヨハネス・クリソストムスの典礼』等といった表記は誤訳である[1]

作曲の経緯[編集]

オペラエフゲニー・オネーギン交響曲第4番を完成させてすぐ、1878年の5月から7月という僅か3ヶ月で、『聖金口イオアン聖体礼儀』は完成された。

ナジェジダ・フォン・メックへの手紙にチャイコフスキーはこう書いている。

教会には多くの偉大なる詩的な美があります。私は奉神礼によく参祷しましたが、私の考えでは聖金口イオアン聖体礼儀は藝術の中でも最も偉大なものの一つです。かの奉神礼に加わる者は誰でも、精神を揺り動かされずにはいられないでしょう。

しかしこの時代、帝室聖堂の許可の無い新たな正教会聖歌の作曲作品を歌うことは禁じられていた。1825年ボルトニャンスキーが永眠して以降、聖歌の管理・検閲を担当する者には、権力欲は強くとも音楽には通じていない者ばかりが就いていた。

この事情をチャイコフスキーはよく承知していた。ナジェジダ・フォン・メックに彼はこうも書いている。

教会音楽の作曲は帝室聖堂が独占しているかのようです。そこでは嫉妬による独占の死守が行われており、聖なるテクストに対する新たな作曲が行われる事に対しては強硬な反発を受けます。(1878年4月30日)

『聖金口イオアン聖体礼儀』(作品41)がユルゲンソンから出版されると、帝室聖堂のバフメテフなどは、教会音楽の独占を維持しようとして猛反発した。結果、1880年まで続く法廷闘争にまで至ったが、最終的にはユルゲンソンが訴訟に勝利した。

なお初演は訴訟の決着が着く前に、キエフ大学教会にて1879年6月に行われた。教会音楽を作曲した事はチャイコフスキーにとり喜びであった。

1880年12月にはモスクワ音楽学院で演奏された。演奏会は大成功であったが、教会の権威ある者からは教会音楽に適していないとの評価もあった。

本作品は1893年のチャイコフスキーの埋葬式において歌われた。以降、現代に至るまで本作品は世界各地の正教会で時に部分的に取り上げられて歌われている(これはチャイコフスキー作曲の本作品に限らず、そもそも一人の作曲家による作品のみで一つの奉神礼を歌い切る事は、教会では極僅かな例外を除きほぼ皆無である)。

構成[編集]

イコノスタシス前での奉神礼の光景(『モスクワクレムリン内のチュードフ修道院内の聖アレクシイ聖堂』画:Stepan Shukhvostov、ロシア1866年
神品による奉神礼の光景。白地に金色の刺繍を施された祭服を着ている二人が輔祭。左手前に大きく写っている濃い緑色の祭服を着用した人物と、イコノスタシスの向こう側の至聖所の奥に小さく写っている人物が司祭。至聖所の宝座手前で水色の祭服を着用し、宝冠を被って奉事に当たっているのが主教である。正教会では祭日ごとに祭服の色を統一して用いるのが一般的であり、このように諸神品が別々の色の祭服を用いるケースはそれほど多くは無い。また、祭服をこのように完装するのは写真撮影などの特別な場合を除いて公祈祷の場面に限られている。

以下の聖歌(数え方・区切り方は演奏者によって異なる場合がある)により構成される。実際の聖体礼儀に用いられる聖歌全てに作曲が行われている訳では無く、作曲されていない部分については伝統的旋律、もしくは他の作曲家が作曲したものを用いて適宜補われる。

四声の混声合唱により無伴奏で歌われる。伴奏楽器を用いないのは、奉神礼聖歌においては人声以外の楽器を使用しないという正教会の伝統による。

正教会聖歌は西方教会の教会音楽と同様に、歌詞の始まりを以てその歌・部分の呼称とする事が多い。しかし、語順の異なる言語である、教会スラヴ語祈祷文冒頭と日本語祈祷文冒頭とは一致しない事が多く、以下に挙げた日本語のタイトルと教会スラヴ語のタイトルも、それぞれがそのまま逐語的に対応する訳とはなっていない。

  1. 大聯禱Великая Ектения
  2. 小聯禱Малая ектения
  3. 「神の獨生の子(かみのどくせいのこ)」:Единородный
  4. 小聯禱Малая ектения
  5. 小聖入「来たれ、ハリストスの前に伏し拝まん」:Приидите, поклонимся
  6. 「主や敬虔なる者を救い」と「聖三祝文」:Господи, спаси благочествыя и Святый Боже
  7. アリルイヤ福音経の読みの前後:Аллилуйя
  8. 重聯禱Сугубая и последующия Ектении
  9. 信者の聯禱
  10. ヘルヴィムの歌Иже херувимы
  11. 増聯禱Просительная Ектения и Отца и Сына
  12. 信經Верую
  13. 「平和の憐み」(アナフォラ):Милость мира
  14. 「主や爾を崇め歌い」(エピクレーシス):Тебе поем
  15. 常に福にして(つねにさいわいにして)」と「万民をも」:Достойно есть и Всех и вся
  16. 「並に我等に、口を一つにし心を一つにして」:И даждь нам единеми усты и единем сердцем
  17. 天主經Отче наш
  18. 「聖なるは唯一人」:Един Свят
  19. 「天より主を讃め揚げよ」:Хвалите Господа с небес
  20. 「主の名によって来たる者は崇め讃めらる」と「既に真の光を見」:Благославен Грядый и Видехом свет истинный
  21. 「主や爾の光榮を歌はんに」:Да исполнятся уста наша
  22. 「願わくは主の名は崇め讃められ」:Буди имя Господне
  23. 光榮は父と子と聖神に帰す」:Слава Отцу

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • "Pyotor Il'yichi Tchaikovsky (1840 - 1893) Liturgy of Saint John Chrysostom Op.41"(ウクライナ・キエフ国立音楽大学教授:リディア・コルニア博士による) - CD:『TCHAIKOVSKY Liturgy of St. John Chrysostom』NAXOS 8.553854 の解説

関連項目[編集]

外部リンク[編集]