光栄讃詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「光榮讃詞」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

光栄讃詞(こうえいさんし、ロシア語: Краткое славословие)は、光栄が至聖三者(父と子と聖神゜)に帰す事を示す、正教会における祈祷文。日本正教会による訳語。聖詠讃詞等の各種祈祷文に挿入するなどして頻繁に用いる。

原文はギリシャ語であり、これを日本語訳したものは他教派にも存在する。ただし「光栄讃詞」との名で呼び、かつ以下の訳文を用いるのは日本正教会である。他教派では頌栄等の呼称を用いる。

光榮こうえいちち聖神゜せいしんす、いま何時いつ世々よよにアミン。

光榮讃詞。『時課經日本ハリストス正教会

挿入する際に、以下のように「光榮~歸す」と「今も~アミン。」を分ける場合もある。

(前に続く)

  1. 発放讃詞(1つ目)
  2. 「光榮は父と子と聖神゜に歸す」
  3. 発放讃詞(2つ目)
  4. 「今も何時も世々にアミン。」
  5. 生神女讃詞

(以下続く)

上記はあくまで一例であり、発放讃詞ではなくステヒラの間に挿入されたり、聖詠の間に挿入されたりすることも多い。

各国語祈祷文[編集]

  • ギリシア語: Δόξα Πατρί και Υιώ και Αγίω Πνεύματι, και νυν και αεί και εις τους αιώνας των αιώνων αμήν.
  • 教会スラヴ語: Слава Отцу и Сыну и Святому Духу, и ныне, и присно, и во веки веков. Аминь.
  • ドイツ語: Ehre sei dem Vater und dem Sohn und dem Heiligen Geist, wie im Anfang, so auch jetzt und alle Zeit und in Ewigkeit. Amen.
  • 英語: Glory to the Father and the Son and the Holy Spirit, now and forever and to the ages of ages. Amen.
  • フランス語: Gloire au Père, et au Fils, et au Saint-Esprit. Comme il était au commencement, maintenant et toujours, pour les siècles des siècles. Amen.
  • グルジア語: დიდება მამასა და ძესა და წმიდასა სულსა აწ და მარადის და უკუნითი უკუნისამდე. ამინ
  • ラテン語: Gloria Patri, et Filio, et Spiritui Sancto. Sicut erat in principio, et nunc et semper, et in saecula saeculorum. Amen.
  • ルーマニア語: Slavă Tatălui şi Fiului şi Sfântului Duh şi acum şi pururea şi în vecii vecilor. Amin.

外部リンク[編集]