移動機械用バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

移動機械用バス英語:vehicle bus)は移動機内部での機器間の相互通信に特化する(例:自動車、工業農業用機械、船舶、航空機)。メッセージの運搬、メッセージの非衝突性、耐ノイズ性、送受信ルートの冗長性、陳腐化したネットワークプロトコルへの互換性などを維持することが要求される。プロトコルにはController Area Network (CAN), Local Interconnect Network (LIN)等がある。EthernetTCP/IPはめったに含まれない。ラジオ用途に使用されたものが祖とされている。

プロトコル[編集]

一般的な移動機械用バスのプロトコルとして下記がある:

  • CAN - (Controller Area Network) 2010年現在、最も主流な車載ネットワーク。
  • FlexRay - CANの次世代プロトコル。名称に反して、光伝送は規格に含まれない。
  • LIN - (Local Interconnect Network) 低コストな低速ネットワーク。
  • J1939 及び ISO 11783 - CANに合わせた農業用及び商業用自動車用途向け。
  • MOST - (Media Oriented Systems Transport) マルチメディア用高速通信インターフェース。
  • D2B - (Domestic Digital Bus) マルチメディア用高速通信インターフェース。
  • Keyword Protocol 2000 (KWP2000) - 自動車用故障診断向けプロトコル。K-Line及びCANに搭載可能。
  • DC-BUS [1]
  • IDB-1394 - マルチメディア用高速通信インターフェース。民生用のIEEE 1394から派生。
  • SMARTwireX
  • J1850
  • ISO-9141-I/-II
  • J1708 and J1587
  • SPI
  • I²C
  • VAN - (Vehicle Area Network)