租税競争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

租税競争(そぜいきょうそう)とは、世界の一部の国や地域に見られる租税政策の一つで、自国への投資を促進するため税率ダンピングしたり、ある特定の所得などに対する優遇措置をとること。

先進国などにとっては、自国産業空洞化または、減税競争による財政破綻を招くことからこれを「有害なもの」と見て国際的協調によりこれを抑止しようとする動きがある。

OECDにおいても、これに対抗するための措置がいくつか提言されている。

関連項目[編集]