福田和代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

福田 和代(ふくだ かずよ、1967年 - )は、日本小説家兵庫県神戸市出身。神戸大学工学部卒業後、システムエンジニアとなる。[1]

何年も新人賞に応募し続けるも最終候補作に残らず、なぜだろうと考えながら「創作サポートセンター」という大阪の小説講座に通う。そこに講師として参加した青心社の社長に福田の作品が目に留まり[2]2007年、航空謀略サスペンス『ヴィズ・ゼロ』で小説家デビューした[1]

作品[編集]

単行本[編集]

  • ヴィズ・ゼロ(2007年6月 青心社
  • TOKYO BLACKOUT(2008年10月 東京創元社 / 2011年8月 創元推理文庫
  • 黒と赤の潮流(2009年2月 早川書房
  • プロメテウス・トラップ(2010年2月 早川書房) - 連作短編集
    • 収録作品:プロメテウス・トラップ / プロメテウス・バックドア / プロメテウス・アタック / プロメテウス・チェックメイト / プロメテウス・デバッグ / プロメテウス・マジック
  • オーディンの鴉(2010年4月 朝日新聞出版 / 2012年9月 朝日文庫
  • ハイ・アラート(2010年9月 徳間書店 / 2013年3月 徳間文庫
  • 迎撃せよ(2011年1月 角川書店 / 2013年11月 角川文庫
  • タワーリング(2011年4月 新潮社 / 2014年2月 新潮文庫
  • 怪物(2011年6月 集英社 / 2013年5月 集英社文庫)
  • リブート!(2011年7月 双葉社
  • ヒポクラテスのため息(2011年9月 実業之日本社
  • スクウェア1(2012年2月 東京創元社) - 連作短編集
    • 収録作品:スクウェア / ザ・リバー / スクランブル! / チョイス / デイイン、デイアウト / バナナズ!
  • スクウェア2(2012年2月 東京創元社) - 連作短編集
    • 収録作品:マザー / サーチ / 赤ちゃんに乾杯? / ブラッディ・ハート / デッドエンドストリート
  • 特殊警備隊ブラックホーク(2012年6月 幻冬舎
  • ZONE―豊洲署刑事岩倉梓(2012年8月 角川春樹事務所
  • 宇宙(そら)へ(2012年9月 講談社
  • 碧空のカノン―航空自衛隊航空中央音楽隊ノート(2013年2月 光文社
  • 東京ダンジョン(2013年5月 PHP研究所
  • サイバー・コマンドー(2013年8月 祥伝社
  • 潜行せよ(2013年10月 角川書店)
  • バベル(2014年3月 文藝春秋)
  • 星星の火(2014年6月 双葉社)
  • ユダの柩(2014年 朝日新聞出版)

アンソロジー[編集]

「」内が福田和代の作品

  • 宇宙小説(2012年3月 講談社文庫)「メンテナンスマン!つむじの法則」 - 漫画『宇宙兄弟』への小説やエッセイなど様々な形態のオマージュ作品が収められている
  • 痛み(2012年5月 双葉社)「シザーズ」
    • 【改題】警官の貌(2014年3月 双葉文庫) - 今野敏の短編が追加収録
  • 本をめぐる物語 栞は夢を見る(2014年3月 角川文庫)「ぴったりの本あります」

連載作品[編集]

  • ゼロデイ(幻冬舎『パピルス』2013年2月号 - 2014年4月号)
  • 天空の救命室(徳間書店『読楽』2014年4月号 - )

単著未収録短編[編集]

  • ホット・トライアングル(早川書房『ミステリマガジン』2009年3月号)
  • ナミダ商店街(幻冬舎『パピルス』2009年10月号)
  • 警視庁通訳捜査官 シザーズ(双葉社『小説推理』2012年2月号)
  • レテの水(光文社『SF宝石』2013年8月20日発行)
  • 『碧空のカノン』の続編
    • 希望の空(光文社『小説宝石』2013年12月号)
    • 恋するダルマ(光文社『小説宝石』2014年5月号)
    • 行きゅんな加那(光文社『小説宝石』2014年7月号)

映像化作品[編集]

テレビドラマ

出典[編集]

外部リンク[編集]