田井ノ浜駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
田井ノ浜駅
ホーム上から木岐方面を望む
ホーム上から木岐方面を望む
たいのはま - Tainohama
M18 由岐 (0.8km)
(1.5km) 木岐 M19
所在地 徳島県海部郡美波町田井
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 牟岐線
キロ程 45.7km(徳島起点)
電報略号 タイ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1964年(昭和39年)7月11日
備考 臨時駅
由岐方から「光トロッコ号」が接近
田井の浜海水浴場

田井ノ浜駅(たいのはまえき)は、徳島県海部郡美波町田井にある四国旅客鉄道(JR四国)牟岐線海水浴に伴う臨時駅のため、駅番号は持たない。

駅構造[編集]

単式1面1線のホームを持つ地上駅。駅ホームは牟岐線線路の海岸側に設置されており、隣接する田井の浜海水浴場の砂浜にはホームから直接下りられる。ホーム脇には塔状の待合室が建てられている。

駅施設に連絡する公共道路は無いが、牟岐線線路を挟んでホームの反対側を当線に沿うように徳島県道25号日和佐小野線が通っている。

特徴[編集]

駅の南側に海水浴場があるため、夏季の海水浴シーズンのみ営業する。営業期間中には、一部の特急列車も停車する。

当駅が開設される時期に、当駅両側の由岐駅及び木岐駅の駅名標がステッカー等で訂正されることはないが、牟岐線の各駅には、各駅から田井ノ浜駅までの時刻表・運賃を記した宣伝掲示が貼り出される。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
牟岐線
由岐駅 (M18) - )田井ノ浜駅 - 木岐駅 (M19)

関連項目[編集]