阿南駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
阿南駅
西口駅舎
西口駅舎
あなん - Anan
M11 阿波中島 (2.7km)
(1.9km) 見能林 M13
所在地 徳島県阿南市富岡町今福寺64-3
駅番号 M12
所属事業者 JR logo (shikoku).svg四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 牟岐線
キロ程 24.5km(徳島起点)
電報略号 アン
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,213人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1936年昭和11年)3月27日

阿南駅(あなんえき)は、徳島県阿南市富岡町今福寺にある、四国旅客鉄道(JR四国)牟岐線(阿波室戸シーサイドライン)のである。駅番号はM12

阿南市の代表駅であり、全特急列車が停車する。また、徳島方面からの列車は、ほぼ半数が当駅で折り返す。

歴史[編集]

駅構造[編集]

ホームは相対式2面2線である。駅の東側に、留置側線が2本あり、夜間滞泊が設定されている。

駅舎は、徳島県で唯一の橋上駅舎で、東西の自由通路を兼ねている。改札口とホーム上にLED式列車発車案内板がある。2003年平成15年)11月までは地上駅舎で、当時は改札口に幕式の列車発車案内板があった。

エレベーターが各ホームに1基ずつ設置されている。このうち1番線ホームに設置されているものはウォークスルー型(前後2ヶ所に扉があるもの)であり、外部との共用となっている(1階は南側扉がホームとのみ乗降可能で、北側扉が駅前ロータリーとのみ乗降可能。2階は南側扉が改札外自由通路とのみ乗降可能で、北側扉が改札内コンコースとのみ乗降可能。これによりキセルを防止している)。

キヨスク(6時55分 - 19時40分)がある。かつて旧駅舎横にJR四国経営の喜多方ラーメン麺小町阿南店があったが撤退した。現駅舎内にワーププラザ阿南が入居している。

アゴヒゲアザラシナカちゃん人形がある。

阿波富岡駅と称していた頃の駅名表示板が、阿南市立阿波公方・民俗資料館に保管されている。

のりば

1 牟岐線 南小松島徳島方面
日和佐牟岐海部方面(一部)
2 牟岐線 日和佐・牟岐・海部方面
南小松島・徳島方面(一部)

利用状況[編集]

1日平均乗車人員は下記の通り。徳島県の駅では徳島駅に次いで2番目に多い。

  • 1,710人(1995年度)
  • 1,639人(1996年度)
  • 1,521人(1997年度)
  • 1,498人(1998年度)
  • 1,458人(1999年度)
  • 1,384人(2000年度)
  • 1,343人(2001年度)
  • 1,285人(2002年度)
  • 1,278人(2003年度)
  • 1,327人(2004年度)
  • 1,354人(2005年度)
  • 1,357人(2006年度)
  • 1,310人(2007年度)
  • 1,300人(2008年度)
  • 1,212人(2009年度)
  • 1,213人(2010年度)


駅周辺[編集]

西口駅前風景

西口[編集]

東口[編集]

付近の商業施設として、大規模店のほか全国チェーンのファストフード店などが立地している。

接続するバス路線[編集]

一般路線バス[編集]

高速バス[編集]

隣の駅[編集]

※特急「むろと」・「ホームエクスプレス阿南」の隣の停車駅は各列車記事を参照(ホームエクスプレス阿南は当駅始発・終着)。

四国旅客鉄道
牟岐線
阿波中島駅 (M11) - 阿南駅 (M12) - 見能林駅 (M13)
※上り1本のみ阿波中島とその次の駅西原を通過する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]