片町 (金沢市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 中部地方 > 石川県 > 金沢市 > 片町 (金沢市)
片町
かたまち
日章旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 石川県
自治体 金沢市
郵便番号 920-0981
隣接町丁 金沢市 : 竪町香林坊
テンプレートを表示
金沢市片町(奥は犀川大橋)
スクランブル交差点になっている片町交差点
プレーゴ
ラブロ片町

片町(かたまち)は、石川県金沢市の地名で、北陸地方では最大規模の繁華街である。

概要[編集]

片町は、国道157号が南北に貫き、香林坊から犀川大橋にかけての一帯を指す。県下きっての繁華街で多数の飲食店バークラブが軒を並べる。通りは路線バスなど交通量が多く、休日前の夜間には路側帯のない道路の1車線がタクシーで埋め尽くされるなど渋滞が発生しやすい。

ラブロ片町や片町プレーゴといった商業施設ホテルも隣接している。

歴史[編集]

片町の歴史は江戸時代初期に遡る。犀川は現在の本流の他に香林坊付近に支流があり、広い川原を形成していた。江戸時代初期にこの川原を埋め立てて町が作られたのが始まりで、この地域を河原町(かわらまち)と命名した。片町の名は、片側に掛け作りの家が並び、商店街を形成したことに由来している。

1889年からは金沢市の地名となり、飛躍的に発展したのが1900年代に入ってからとなる。1919年に金沢電気鉄道(後の北陸鉄道金沢市内線)が市内電車の開業、1923年に宮市百貨店(デパート店の大和の起源)が開業された。

戦後の住居表示制度により、1965年に片町二丁目(現在の国道157号の西側)、1966年に片町一丁目(現在の国道157号の東側)となり、旧町名の「片町」は消滅する。

なお、2003年8月1日には、片町二丁目の一部が金沢市による旧町名復活運動により、木倉町(きぐらまち)として町名が復活した。

町域[編集]

住居表示制度導入地域
  • 片町一丁目・二丁目
  • 木倉町
住居表示制度未導入地域
  • 大工町(だいくまち)
  • 池田町(いけだまち)
  • 十三間町(じゅうさんげんまち)
  • 十三間町中丁(じゅうさんげんまちなかちょう)

片町商店街[編集]

香林坊交差点から犀川大橋にかけて、国道157号の歩道沿いにはアーケードが整備されている。かつてはサンロード片町という愛称で呼ばれていた商店街である。

2006年には中小企業庁の「がんばる商店街77選」において、「にぎわいあふれる商店街」として選定を受けた。

沿革[編集]

アーケード[編集]

現在の片町商店街のアーケードは1981年11月19日に竣工したもので、全長が822mになる。城下町であることからを着けた武士をイメージしたもので、明るさを取り入れながら賑わい創出も試みたものである。

片町のアーケードの歴史は、1964年から各テナントビルの所有者が自己負担で設置を始めたことに由来する。しかし、アーケードの高さにバラつきがあり、美観上評判が悪かったため、組合側が統一のアーケードの整備を進めた。

片町交差点[編集]

北陸地方で最大のスクランブル交差点であり、地元でスクランブル交差点と言えばここを指す事が多く[1]、しばしば地点目標として「スクランブル」と略称される。

この交差点より国道157号の北側は6時から22時までは大型自動車マイクロバス路線バス観光バスを除く)は通行禁止となる(武蔵交差点まで)。

交通[編集]

  • 片町バス停
    • 南方向(金劇パシオン前、北鉄片町サービスセンター併設)
    • 北方向(ラブロ片町前)

主な周辺施設[編集]

隣接区域[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 隣接する片町一丁目交差点もスクランブル交差点であるが、交差する道路幅員に大きな差があるため交差点であると認識する者は少ない

参考文献[編集]

  • 『片町メモリアル』 - 片町商店街振興組合編(2008年12月発行)

外部リンク[編集]