淮陽県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 河南省 淮陽県
旧称:陳、陳州、宛丘
河南省中の淮陽市の位置
河南省中の淮陽市の位置
簡体字 淮阳
繁体字 淮陽
Huáiyáng
カタカナ転記 ファイヤン
国家 中華人民共和国
河南
地級市 周口市
行政級別
面積
- 総面積 1,469 km²
人口
- 総人口(1999) 129.97 万人
経済
電話番号 0394
郵便番号 466700
行政区画代碼 411626
公式ウェブサイト http://www.huaiyang.gov.cn/

淮陽県 (わいよう-けん)は中華人民共和国河南省に位置する県。地級市周口市に属し、市域の東北部、河南省でも東の方に位置する。総人口は129万人を超える。かつては宛丘(えんきゅう)、陳州(ちんしゅう)、(ちん)と呼ばれた。

地理[編集]

河南省の東部に位置する。沙穎河の北岸にあり、地勢は平坦で主な用途は耕地である。主な産業も農業で、小麦トウモロコシ綿花などを栽培し植物油生産や畜産業が盛ん。

淮陽周辺は、北は太康県、東は鹿邑県鄲城県沈丘県、南は項城市、西南は商水県、西は西華県と周口の市街が隣接する。

年平均気温は14.8度で、年平均降水量は726.5mm。温帯大陸性気候である。無霜期は年平均215日。

城郭都市であった淮陽県城(城関鎮)は、周囲すべてを畝龍湖(亩龙湖)という大きなに囲まれており、伝説では伏羲は湖に囲まれたこの城を都としたという。現在でも景勝地となっている。

歴史[編集]

淮陽は大汶口文化龍山文化など黄河文明の中心地にあり、歴史は古い。伝説では伏羲神農がこの地に都を置き、神農が陳という名を使い始めたという。伏羲を祀る陵廟・太昊陵は春秋時代から存在し、代以降、廟の建設が進められ歴代の皇帝が多くの寄進を行ってきた。

西周代にはこの地は宛丘(えんきゅう)と呼ばれ、陳国の首都となっていた。春秋時代には隣接する大国の楚国に圧迫され、紀元前479年、楚恵王によってついに滅ぼされ陳県が置かれた。以後、亡国の民となった陳国の人々は陳氏を名乗るようになっている。

朝において陳郡と改名されたが、秦末期に陳勝らが大規模な農民反乱である陳勝・呉広の乱を起こし、陳城(現在淮陽)で「張楚」を建国した。前漢は淮陽国を設立し、ここから現在の「淮陽」の名が誕生した。もっとも、漢以後の政権は主に「陳」あるいは「宛丘」の名でこの地を呼んだ。古い漢語では、宛とは窪んだ平地を指し、今日の盆地に相当する概念である。宛丘の名称は、盆地の中の山というような意味となる。

今日の淮陽県は雍正12年に設置された淮寧県がもとであり、1913年中華民国の時代に淮陽県が設立され現在に至っている。

行政区画[編集]

6つの、13つのを管轄する。

  • : 城関鎮、新站鎮、魯台鎮、四通鎮、臨蔡鎮、安嶺鎮
  • : 朱集郷、豆門郷、馮塘郷、劉振屯郷、王店郷、大連郷、葛店郷、黄集郷、白楼郷、斉老郷、鄭集郷、曹河郷、許湾郷

交通[編集]

鉄道

  • 漯阜線(漯河市 - 安徽省阜陽市

道路

  • 106国道が県内を通過する。

外部リンク[編集]