禹州市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 河南省 禹州市
旧称:夏邑・陽翟・禹県


簡体字 禹州
繁体字 禹州
Yŭzhōu
カタカナ転記 ユーヂョウ
国家 中華人民共和国
河南
地級市 許昌市
行政級別 県級市
面積
- 総面積 1,461 km²
- 市区 29.8 km²
人口
- 総人口(2008) 121 万人
- 市区人口(2005) 30 万人
経済
電話番号 0374
郵便番号 461670
ナンバープレート 豫K
行政区画代碼 411081
公式ウェブサイト http://www.yuzhou.gov.cn


禹州市(うしゅう-し)は、中華人民共和国河南省許昌市に位置する県級市

地理[編集]

禹州市は牛山山脈豫東平原の中間に位置し、市内を当座に穎河が流れている。

歴史[編集]

中華文明の発祥の地とされる。市内北部の具茨山脈、西部の大鴻寨山脈黄帝と密接な関係のある有熊氏及び方嫘氏大鴻氏風后氏の活動地域であった。『荘氏』などには黄帝をはじめ顓頊帝喾などの支配地が禹州にあったとされ、特に大禹は禹州を中心に治水事業を行った功績により舜より夏伯に封じられ禹州を夏邑と改称、この地で即位し夏朝を建てたとされ、同時代の瓦店遺跡が発掘され夏朝の王城跡に比定、夏商周断代工程の中での重要遺跡に指定されている。

周代になると前408年が国都を平陽より陽翟に遷都、これが現在の禹州に相当する。紀元前375年、韓がを滅ぼすと新鄭に遷都したが、5年後に再び陽翟に遷都し、以降元代に至るまで陽翟の名称が使用された。

民初に陽翟郡は釣州に編入、1575年万暦3年)に万暦帝の諱を避け禹州と改称された。1913年民国2年)、州制の廃止により禹県が誕生、1988年6月25日に県級市に改編された際に禹州市とされ現在に至る。

行政区画[編集]

4街道、9鎮、13郷を管轄する:

  • 街道
    • 潁川街道、夏都街道、韓城街道、釣台街道
    • 火龍鎮、順店鎮、方山鎮、神鎮、鴻畅鎮、梁北鎮、古城鎮、無梁鎮、文殊鎮
    • 朱閣郷、庄郷、花石郷、鳩山郷、磨街郷、張得郷、小呂郷、范坡郷、褚河郷、郭連郷、山貨回族郷、浅井郷、方崗郷

観光地[編集]

外部リンク[編集]