陳勝・呉広の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

陳勝・呉広の乱(ちんしょう・ごこうのらん)は、中国末期に陳勝呉広が起こした、史上初の農民反乱。

蜂起[編集]

紀元前210年に始皇帝が崩御すると、その末子である胡亥が兄の扶蘇を謀殺して即位した。 その元年となる紀元前209年の7月、陳勝と呉広は辺境守備のため、半ば強制的に徴兵された農民900名と共に、漁陽(現在の北京市北部の密雲県)へと向かっていた。しかしその道中、大沢郷(現在の安徽省宿州市の東南部)にさしかかったところで大雨に遭って道が水没し、期日までに漁陽へとたどり着く事が不可能になる。秦の法ではいかなる理由があろうとも期日までに到着しなければ斬首である。期日までに着けない、そう判断した時点で陳勝と呉広は反乱を決意し、将尉たちを殺そうと画策する。

2人は事が成就するか占うため易者を訪ねた。彼らの心中を察した易者は、「事業は成功するが、占いを成就させるには鬼神の力を借りるのが良い」と言った。それを聞いた陳勝らは喜び、「鬼神を仮託して人々を威服させよう」と画策する。まず「陳勝王」と朱書きした布切れを魚の腹に入れておいた。何も知らない兵卒は魚を料理しようとしてその布切れを発見し、ひどく気味悪がった。さらに、呉広が宿営の近くにある祠に潜伏し、夜中に狐火を焚き、「大楚興らん、陳勝が王たらん」と狐の鳴き声を真似て叫んだ。兵卒たちはこれを聴いて以来、陳勝を見ては恐れ、噂をしあうのだった。

計画の下準備を終えた二人は、ついに決行にうつる。引率の将尉二人が酒に酔ったところを見澄まして呉広が彼らの面前に歩み寄り、聞こえよがしに「俺は逃げる」と繰り返した。酒に酔った将尉は激怒し、呉広を鞭で打ち据える。何時の間にか周囲に兵卒たちが寄ってきて、将尉への反感を募らせていった。将尉の剣が抜け落ちた。呉広は即座に剣を拾いあげ、将尉の一人を斬り殺した。すぐさま陳勝が加勢し、もう一人を殺す。

それから、陳勝は兵卒たちを召集して演説した。

「俺たちは大雨に降られ、最早期日には間に合わない。期日への遅れは問答無用で斬首だ。仮に殺されないとしても、労役で死ぬのは10人中6,7人であり、労役で死なずとも帰途で死ぬかもしれない。どうせ死ぬのならば、名を残して死ぬべきだ。もとより人間に王侯将相の種族の別があろうか」。

兵卒たちはこれを聴き、一斉に同意を示した。

この時に民衆の支持を集めるために陳勝は扶蘇、呉広は項燕を名乗った。始皇帝の長子にして悲劇の皇太子である扶蘇と旧の英雄である項燕は庶民に人気があり、多くはその死を知らずまた信じていなかった。二人はそれを利用した。

彼らはまず大沢郷を占領、それから諸県を攻略し、を取るころには兵車600乗・騎兵1000余・兵卒数万の大勢力になっていた。陳を攻めた時、郡守・県令は既に逃亡しており、副官が抗戦したがあっという間に陥落した。陳に入城した陳勝はここを本拠とし、即位して王となり、国号を張楚と定めた。

反乱の拡大と章邯の反撃[編集]

「陳勝、蜂起す」。この噂が広まると、それまで秦の圧制に耐えていた各地の人民が郡守や県令を血祭にあげて陳勝に呼応した。勢いづいた陳勝は呉広を仮の王として諸将を統率させ西へ征かせるとともに、武臣張耳陳余をつけての地を略定させ、鄧宗九江郡を攻略させた。へは周市が派遣された。

陳に周章(周文)という人物がいた。陳勝は、彼が軍事に練達していると聞きつけると、彼に将の印を与え西進させて秦を討たせた。周章は徴兵しながら進軍し、函谷関に到るころには兵車1000乗、兵卒数十万の大兵団となり、かつて何人も敗れなかった函谷関を抜くが、ここに到って秦の章邯の軍に敗れた。周章は敗走後も曹陽に拠って秦を防いだが数ヶ月支えたのち陥落し、さらに別の地で秦軍を迎撃するが防ぎきれず、ついに自決する。 この大敗によって楚軍は戦意を喪失し、ここから張楚はその勢いに翳りを見せ始める。

趙を平定した武臣は邯鄲に入城すると、独立して王を称した。陳勝は怒ったが、ここで趙が敵に回ることは致命的となるので、やむをえずこれを認めた。趙王となった武臣は韓広に命じてを平定させるが、韓広が燕の有力者たちに奉戴されて燕王となってしまったので、やむなく武臣もこれを認めた。また、では旧斉の王族である田儋が従弟の田栄・従弟の田横らと協力して立ち、魏でも周市が旧魏の王族魏咎を擁立して魏王とし、自身は宰相となった。

呉広・陳勝の死[編集]

呉広は滎陽を攻めていたが、三川郡太守李由李斯の長子)の防戦にあって攻めあぐねていた。そのうちに周文は敗走し、秦軍は呉広の軍に迫ってくる。呉広の諸将は、田臧を中心としてひそかに陰謀をめぐらしていた。 「呉広は兵の使い方が下手だ。このまま秦軍と衝突して勝てるわけがない。呉広を殺し、指揮権を奪おう。」  田臧らは呉広を殺して指揮権を奪い取り、陳勝に呉広の首を送った。陳勝はやむなく暗殺を正当だと認め、田臧を令尹(宰相)とした。しかし、田臧も章邯の前に敗れ、戦死する。

章邯の破竹の進撃は続いた。各地で反乱軍を破った章邯は、ついに陳勝の本拠である陳にむかって進軍し、まずは張楚の上柱国蔡賜(房君)を討った。さらに陳の西方で張楚の張賀と交戦し、陳勝も自ら張賀を援けようと出陣するが敗北、張賀は戦死する。

12月、ついに陳勝は逃げ出して汝陰へ、ついで下城父へ到ったが、そこで自分の御者である荘賈に殺された。項梁らは後々陳勝と連携するつもりであったが、この報を聞いて作戦の変更を余儀なくされた。

陳勝の死後、対秦の戦争は楚の項梁によって引き継がれ、劉邦武関を破るに及んでついに秦王・子嬰が降伏し、秦帝国(子嬰の代には王国に戻る)は滅ぶ。時に紀元前206年であった。

しかし、その後も戦乱は終息せず、漢の劉邦と楚の項羽の争い、いわゆる楚漢戦争へと発展していく。

死んだ陳勝は昜に葬られた。諡は「隠王」である。のち、劉邦は彼を尊び、その墓所の周辺に民家を置き、代々墓守をさせた。