浅草サンバカーニバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浅草サンバカーニバル
Asakusa Samba Carnival
Asakusa-Samba-Carnival-parade.jpg
雷門前にて(2010年)
イベントの種類 一般イベント
開催時期 毎年8月下旬
初回開催 1981年
会場 馬道通り~雷門通り(東京都台東区)
主催 浅草サンバカーニバル実行委員会
後援 東京都、台東区、駐日ブラジル大使館、毎日新聞社、日本ブラジル中央協会、サンパウロ新聞社、ときめきたいとうフェスタ2013(以上全て2014年)
協賛 アサヒビール株式会社、大塚製薬株式会社、東京都観光汽船株式会社、株式会社ジャルパック、浅草花やしき、株式会社大塚商会、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社、ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC、J:COM、日清食品株式会社、トルコ航空(以上全て2014年)
来場者数 約50万人(2010年実績)
最寄駅 浅草駅田原町駅
公式サイト
浅草の公道を使用して行われる

浅草サンバカーニバル(あさくさサンバカーニバル)は、東京都台東区浅草で行われるサンバパレード及びコンテストである。第1回は1981年に行われ、2013年で32回を迎えた。日本で最大のサンバカーニバルのコンテストとして知られる。

概要[編集]

浅草サンバカーニバル実行委員会による主催で、毎年8月の最終土曜日に開催される。約50万人の人出がある。

各サンバチームの規模に応じてリーグ制によるグループ分けがなされている。リーグ制はこの数年にいくつかの変遷があったが、2007年では出場順から、地域のブラスバンドなどによるコミュニケーションリーグ、企業チームによるテーマ・サンバリーグS2リーグS1リーグの4つのリーグに分けられている。このうち、S1とS2リーグではパレードの内容をコンテストで競う。

S1及びS2リーグでは、リオカーニバルになぞらえて、パレードの内容を審査員や沿道の観客によるモバイル投票などの採点方式により順位や優勝が競われる。その年にS1リーグで最下位となればS2リーグへ降格、またS2リーグで優勝したチームはS1リーグへ昇級、翌年にまたそこで順位や優勝を競うことになる。

豪華な衣装もみどころの一つ

特にトップリーグであるS1リーグでは、エスコーラ・ジ・サンバ(略称:エスコーラ)といわれる大規模なチームによって順位が競われる。これら大規模なチームは、カーホ・アレゴリア(略称:アレゴリア)といわれる大がかりな山車を製作し、また ファンタジアと呼ばれる衣装をブラジルに発注製作したものを使用するなど、大規模に展開するチームが年々多くなっている。S1リーグにおいては、アレゴリアの製作が参加必須条件となっている(一方で、S2リーグではアレゴリアの導入は禁止されている)。

そもそもサンバには様々なスタイルがあり、このようにヂスフィーレと呼ばれるパレード・行進するサンバは「動くオペラ」とも評される。これは毎年、各チームがEnredo(エンヘード、物語やストーリー、テーマ)を決めて、それに基づいた楽曲や衣装、山車を製作し、それをパレードによって表現し、審査によるコンテスト形式で順位を競うからである。

このように、近年の浅草におけるサンバカーニバルでは、S1リーグに出場するチームを中心に本格化させようとする傾向が強くなっている。

なお、これらから一般的に、サンバは単なる仮装行列、またはテーマパークのパレードと同一視される向きがあるが、これは誤解である。サンバにおけるパレードは、毎年チームで検討し選んだエンヘードのテーマが優れているか、またそれをいかに全体で表現するかを各チームで競うものである。またサンバパレードと言えば、露出度の高いダンサーが多いと誤解されているが、これも一部に過ぎない。タンガを着て踊るダンサーはパシスタやジスタッキ・ヂ・シャウン、ハイーニャなどと呼ばれるが、これらは少数のパートであり、一つのチームの中には、アーラといわれるパートのグループ分けがいくつもあり、ダンスやパフォーマンスなどいろいろな役割を演じるのが特徴である。

続くS2リーグでは、S1リーグ出場チームのスタイルに準じつつも、人数などの面で規模が大きくないチームが出場している。現在は前述の入れ替えがあるため、S1リーグからの降格組もある。S2については、前述のアレゴリア禁止やパレードへの参加人数制限があるため、S1からの降格組はメンバーの絞り込みも必要になる。

歴史[編集]

浅草はかつて映画館や演芸など娯楽の一大中心地として名を馳せたが、昭和30~40年代にはすでに街の活気が下火になりつつあった。これを案じた当時の台東区長である内山榮一と浅草喜劇出身俳優の伴淳三郎の発案により1981年に初めて実施されたといわれる。

ただし一方では、兵庫県神戸市がすでに神戸まつりでサンバパレードを行っていたことから、浅草の商店街や観光連盟などが読売新聞社を通じて、神戸まつり関係者にコンタクトを取ってそのアイディアを浅草サンバカーニバルに流用したというのが真相であり、伴淳三郎の話は後づけであるという指摘もされている。

1981年開催当初の浅草サンバカーニバルは、現在のように本格的なサンバチームは少なかった。また近年に至っても、サンバの様式とは異なるチームも多く出場していた。また審査もコシノジュンコ池田満寿夫など著名人による審査委員長の意向が強く反映されていたといわれる。

しかし時代の変化に伴い、ブラジル本国のスタイルに則したチームが増えたことから、1999年には、S1リーグに出場するエスコーラによるAESA(浅草エスコーラ・ジ・サンバ協会)が発足、このAESAの提言により、現在は審査委員長に著名人を登用することは変わらずも、ブラジルやサンバに関心がある審査委員が選ばれ、これらの審査委員による点数による結果が大きく反映されるようになっている。

なお、パレードは当初、夜間における開催が中心であったが、参加者や観客の安全上などの理由から、現在は昼に行われ夕方には終わるようになっている。

2011年は、7月30日から延期となった第34回隅田川花火大会の開催日と重複した結果、開催を断念した[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]