江間章子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

江間 章子(えま しょうこ、1913年3月13日 - 2005年3月12日)は昭和を代表する唱歌作詞家詩人。代表作に「夏の思い出」、「花の街」などがある。

略歴[編集]

代表作[編集]

校歌作詞[編集]

()内は作曲者。

  • 岩手大学教育学部附属小学校校歌(中田喜直)
  • 岩手県八幡平市立西根第一中学校校歌
  • 神奈川県大和市立つきみ野中学校校歌 (團伊玖磨)
  • 神奈川県相模原市立上鶴間中学校校歌
  • 東京都世田谷区立希望丘中学校校歌
  • 愛媛県四国中央市立三島東中学校校歌(中田喜直)
  • 山梨県都留市立都留第一中学校校歌(中田喜直)
  • 埼玉県立越谷市光陽中学校校歌
  • 神奈川県横浜市立東希望が丘小学校校歌(中田喜直) 
  • 東京都小平市立学園東小学校(大津三郎)
  • 神奈川県横浜市立左近山第一小学校(中田喜直)
  • 東京都目黒区立大岡山小学校(高田信一)
  • 東京都練馬区立上石神井小学校

その他[編集]

  • 雑誌「椎の木」の同人として、を書き始めた。
  • 「イラク紀行」などの著書や訳書がある。
  • 1972年に北朝鮮を訪問し、「家賃一ウォン(百五十円)で暮らせる」と題した滞在記が別冊週刊読売「チュチェの国―朝鮮」(1972年9月10日発行)に掲載された。https://pbs.twimg.com/media/BiXpo7iCUAAEOuy.jpg

外部リンク[編集]