毛利興元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
毛利興元
時代 戦国時代
生誕 明応元年(1492年
死没 永正13年8月25日1516年9月21日
改名 幸千代丸(幼名)、興元
戒名 秀岳院殿常松禅定門
墓所 広島県安芸高田市吉田郡山城跡内
官位 治部少輔
主君 大内義興
氏族 毛利氏
父母 父:毛利弘元、母:福原広俊女(正室)
兄弟 興元元就相合元綱北就勝
見付元氏武田氏の室
正室:高橋久光
幸松丸
娘(山内豊通小早川興景行松正盛杉原盛重妻)

毛利 興元(もうり おきもと)は、戦国時代武将安芸国国人領主。吉田郡山城城主。守護大内氏被官。諱は大内義興の偏諱を受けたもの。

生涯[編集]

毛利弘元の嫡男として明応元年(1492年)に生まれる。明応8年(1499年)、弘元の隠居にともない、8歳で毛利氏の当主となる。永正4年(1507年)に大内義興を烏帽子親として元服する。また主君である義興から偏諱を賜り興元と名乗った。

同年、明応の政変により、足利義稙を奉じて京都に上洛した大内義興に従い、4年間在京し、船岡山合戦にも参加した。大内義興と興元が在京中に、一足先に帰国した出雲国尼子氏当主・尼子経久の勢力が盛んになると、芸備地方は尼子氏と大内氏の勢力が激突する場となった。興元は、安芸国で他の有力国人領主(高橋久光平賀弘保天野興次ら)と国人一揆安芸国人一揆)を締結、備後国でも国人対立の調停を行うなど、芸備の国人領主のリーダー格として活躍した。しかし近隣の宍戸元源との争いは続き、興元は宍戸領内へ攻め込んで戦ったが勝負がつかなかった。その心労のためかに走るようになり、25歳の若さで急死した。

毛利氏の家督は若年の嫡男・幸松丸が継ぎ、弟の元就が後見人として支えた。

関連項目[編集]