森本健成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
もりもと たけしげ
森本 健成
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 埼玉県越谷市
生年月日 1965年11月13日(49歳)
最終学歴 東京理科大学理学部卒業
勤務局 NHK放送センター
職歴 釧路→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室
活動期間 1990年 -
ジャンル 報道
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照
その他 札幌局で地上デジタル放送推進大使

森本 健成(もりもと たけしげ、1965年11月13日 - )は、日本放送協会(NHK)の元アナウンサー気象予報士埼玉県越谷市出身。

人物[編集]

東京都立武蔵高等学校を経て東京理科大学卒業後、1990年入局。札幌放送局では、地上デジタル放送推進大使“アナレンジャー”初代隊長を務めた。

『ハイビジョンでこんにちは』担当時にNHKアナウンサーとして初めて気象予報士の資格を取得した。

2012年12月13日、同年11月14日に起こしたプライベートでの不祥事により、同年12月20日から停職3か月の懲戒処分を受けた。NHKは今後森本を番組に出演させず、他部署への異動で対応する[1]

エピソード[編集]

2008年3月28日、総合テレビでの連続テレビ小説ちりとてちん』第150話(全151話)終了直後のニュース冒頭で、普段のNHKニュースでは考えられない「明日の最終回もお楽しみに!」というメッセージを添えて視聴者を驚かせた[2]

気象予報士ではあるが、気象キャスターとして『気象情報』には出演せず、ニュースキャスターとして出演した『NHKニュース10』と『ほくほくテレビ』の気象情報を担当。それ以外の定時ニュースでは解説は行わず、天気予報の原稿を読む程度であった。

アナウンサー時代に出演していた番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “NHK森本アナ「反省」停職明け後は他部署へ”. SANSPO.COM. (2012年12月14日). オリジナル2012年12月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121217043338/http://www.sanspo.com/geino/news/20121214/sca12121405040001-n1.html 2014年4月3日閲覧。 
  2. ^ このことは、『週刊文春』2008年5月22日号掲載の「ホリイのずんずん調査」第641回でも取り上げられた。

外部リンク[編集]