木城ゆきと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木城 ゆきと
生誕 1967年3月20日(47歳)
日本の旗 東京都大田区蒲田
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1984年 -
ジャンル 青年漫画
SF漫画
代表作 銃夢
銃夢 LastOrder
受賞 第15回小学館新人コミック大賞入選(1984年
公式サイト ゆきとぴあ
テンプレートを表示

木城ゆきと(きしろ -、1967年3月20日 -)は、日本の男性漫画家東京都出身、千葉県育ち。血液型はO型。作品にSF漫画銃夢』(ガンム)がある。弟の木城ツトムは兄専属で漫画アシスタントをしている。

略歴[編集]

1967年東京都大田区蒲田に長男として生まれる。両親は当時肉屋を営んでいた。約1年後、千葉県柏市逆井に引っ越し、父親はタイル職人に転職する。木城は幼い頃から絵を描くことが好きで、小学生の頃には大学ノート15冊に自作の漫画を描いている。1982年茨城県へ引越し、筑波高校へ入学、美術部に在籍した。この頃から、漫画家になることを目指し始め、高校在学中に1000頁の原稿を描き上げることと、新人賞に入賞することを目標に漫画を描き始める。高校3年在学時の1984年、SF漫画『気怪』を第15回小学館新人コミック大賞に投稿し、入選する。同作品は漫画雑誌週刊少年サンデー』(小学館)に掲載(YUKITO名義)され、デビュー作となる。[1]

高校卒業後の1985年新聞奨学生として東京デザイナー学院の商業デザイン科に入学するも、学校へは余り行かなくなる。その後、同人誌活動を一時期行っている。1988年からは商業誌に活動の場を移し、読み切り作品を数本描いている。

この活動を通じて、後に集英社で木城の担当編集になる人物と出会い、この担当とのやり取りで、1990年の前半には『銃夢』の原型となる作品のネームが出来ている。その後『銃夢』の連載が決定し、1990年12月発売の隔週漫画雑誌『ビジネスジャンプ』(集英社)にて自身初の連載を開始した。しかし1994年、作者曰く「ある事件」がきっかけで原稿恐怖症、対人恐怖症のノイローゼ状態となり、『銃夢』は当初考えていなかった結末に差し替え、連載を終了した。[2]

その後は『ウルトラジャンプ』(集英社)にて『灰者』『水中騎士』を連載、その後2000年より同誌にて『銃夢』の続編となる『銃夢 LastOrder』を連載していたが、『銃夢』新装版における表現問題を巡って集英社と木城との間で意見の食い違いがあり連載を中断[3]、その後2011年に『イブニング』(講談社)へ『銃夢 LastOrder』の連載を移籍することとなった。

漫画以外では、広井王子のファンタジー小説『蜃気楼帝国』の挿絵を担当している。

作品リスト[編集]

参考資料[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 飛人 集英社1997年刊
  2. ^ 銃夢外伝 集英社2007年刊
  3. ^ 新・きまぐれゆきと帳 8月 2010(木城ゆきとのブログ2010年8月分、2011年4月13日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]