朝鮮労働党39号室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

朝鮮労働党39号室(ちょうせんろうどうとう39ごうしつ)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の外貨獲得機関。朝鮮労働党の財政経理部であり、朝鮮労働党中央委員会書記局に所属。アメリカ陸軍大学戦略研究所の論文[1]によれば、麻薬密売、通貨偽造、偽造タバコ密売等の不法活動を指揮する金正日直属の機関。

概要[編集]

39号室は1974年金正日が権力基盤固めに使う外貨を稼ぐ機関として設立した。対外取引を担当する朝鮮大聖総局[2]や、その傘下の核・ミサイル関連取引が指摘されている朝鮮大聖銀行などで構成されている。下部機関として約120社の企業が北朝鮮国内の金・銀鉱山などの管理を独占しており、水産物やマツタケの輸出なども手がけている。「39」は朝鮮労働党の3号庁舎の9号室を意味するとされている。2005年にアメリカ合衆国による金融制裁で凍結されたマカオのバンコ・デルタ・アジア銀行の資金管理も行っていた。韓国(南朝鮮)で逮捕された北朝鮮工作員キム・ドンスンは朝鮮大聖総局の高級幹部であると、義娘である工作員元正花が供述している。

39号室の管轄機関[編集]

幹部を務めた、もしくは務めているとされる人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「犯罪国家-北朝鮮の国際的不法活動を理解するために」邦訳
  2. ^ 大成総局と表記する場合もある。
  3. ^ 大聖総局(大成総局)の傘下(外形的には中央銀行の傘下)であるが、活動範囲はそれを超えて広い。大成銀行と表記する場合もある。東京銀行三和銀行足利銀行ドイツ銀行と為替取引あり。
  4. ^ 大聖総局(大成総局)の傘下であるが、活動範囲はそれを超えて広い。大成貿易と表記する場合もある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]