新西海橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国道202号標識
新西海橋(佐世保市側から撮影)

新西海橋(しんさいかいばし)とは、長崎県佐世保市針尾島西海市との間にある伊ノ浦瀬戸(針尾瀬戸)にかかる橋梁である。後述するように、建設時の仮称は第二西海橋であったため、地元では第二西海橋と呼ばれることも多い。

鋼中路ブレースドリブアーチ橋の主橋部と、PC4径間連続ラーメン箱桁橋の入江部からなる。 2006年3月5日に開通した。初代西海橋と並行しているため、西海橋からもその姿を見ることができる。橋下には潮の流れの速さで有名な針尾瀬戸が流れ、渦潮などを見ることが出来る。また、近くには真珠湾攻撃の指令を発信した針尾送信所無線塔があり、桁下の歩行者専用道にある展望台から無線塔も見ることが出来る。

概要[編集]

西海パールラインの延長区間の一部であり、有料の自動車専用道路(片側2車線)である。
また、桁下に歩行者専用道があり、展望室もある。この展望室の床にはガラス製窓があり、眼下に渦潮を眺めることができる。ちなみに歩道は無料。

アクセス[編集]

  • JR早岐駅から車で20分
  • 西肥バス「西海橋コラソンホテル」行きで「西海橋東口」下車。または「西海橋西口」行きに乗車。

その他[編集]

映画「釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪♪」にてこの橋がロケ地に使われている。当時は未完成で連結式のシーンであるが、実際の連結式当日に引き続いてロケが行われ、そちらに出席した金子原二郎長崎県知事と光武顕佐世保市長(いずれも当時)がそのまま来賓役で登場している。なお、当時の呼び名は第二西海橋であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度3分14.4秒 東経129度45分18.4秒