成田童夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

成田 童夢(なりた どうむ、1985年9月22日 - )は、大阪市住之江区出身のサブカルチャータレントであり、アニメ、漫画、ゲーム、アイドル等の情報発信やMC、オタ芸師を主な活動規範としている。また、舞台やショートムービーの俳優業も務め、マルチタレントとしても手広く活動中である。元スノーボード選手。血液型AB型。トリノオリンピック、スノーボードハーフパイプ元日本代表。父はスノーボードコーチの成田隆史、長弟は今井流星、妹はスノーボード選手の今井メロ、次弟はトランポリン選手の成田緑夢(ぐりむ)。

来歴[編集]

成田家の長男として生まれ、幼少期からウェイクボードなど様々なスポーツで父成田隆史の指導を受け、モーグル競技では全日本に参戦した。 エア・トリックの練習用に、実家の屋上にはトランポリンが設置されている。 16歳でナショナルチーム強化指定選手になり、2002年3月に全日本スキー選手権大会スノーボード競技で初優勝。 更に2002年12月のスノーボード・ワールドカップウィスラー大会(カナダの旗 カナダ)で初優勝したが、翌年2月に左膝のじん帯をほとんど切るという大怪我をしたにもかかわらず同年12月11日ワールドカップウィスラー大会で優勝。バルドネッキアイタリアの旗 イタリア)大会では今井メロと兄妹表彰台を飾った。

大阪市立加賀屋中学校卒業後、スノーボードに専念するため高校には進学していない。 成田隆史の運営する「夢くらぶ」に所属していたが、指導方針の違いなどから、2005年6月半ばに脱退、独立した。

ワールドカップを転戦し好成績をおさめ、2006年トリノオリンピックイタリアの旗 イタリア)日本代表の座を勝ち取った。 しかし五輪では一本目31.5が最高点で予選敗退。 応援してくれた人達への感謝と、結果を残せなかったことを深く反省する旨のコメントを残し[1]、以降一時メディアから姿を消した。

トリノオリンピックでは、ヒップホップアーティストであるKREVAの曲「国民的行事」で出走し、競技中にはアニメ「美少女戦士セーラームーン」のOP曲『ムーンライト伝説』で滑走していた。 イヤホンで競技中に音楽を聴きながら滑る選手は多いが、成田童夢は大きなヘッドホンで音楽を聴きながら滑るのが象徴的である。


2010年8月21日、芸能活動第1弾企画として1日1000回のブログの更新をした[2]

いちご姫と親交があり、いちご姫のブログにしばしば写真入りで登場している[3]。また、芸能活動開始以前より『ゲームレコードGP』(MONDO21)などのテレビ番組にも出演していた[4]

アーティストとしても活動しており、ヒップホップグループ「きどいち!」のMC106(数字を漢数字に置き換え、10(十=とお)、6(六=む)で「どうむ」と読ませる)という名前で活動していた。

2011年よりスノーボードではなくタレント活動に力をいれている[5]

2011年2月14日付けのブログにて、プロとしてのスノーボーダーは自主的に引退し、タレントとして活動をしていく旨を表明した[6]。 また、一度は脱退した「夢くらぶ」に再所属し父・隆史のサポート役としてコーチ業を兼任。後進の指導もあわせて行っている。

2011年7月13日、現役引退を正式発表し、22日に記者会見を行った[7][8]。  それを機に、タレントへと転身。アイドルユニット「D-si☆'s(ディーシスターズ)」のプロデューサーを務めた(しかし、メンバーとの方向性の違いから同ユニットは活動を停止している)。  現在は、主にサブカルチャータレント(アニメ漫画ゲーム声優アイドル等の情報発信)やMC活動、四柱推命士として活動中である。

2011年、JIBA(日本痛板協会)の名誉会長に就任。

2012年11月には、なあ坊豆腐@那奈の2ndシングル「マジカルリップKISS」のオタ芸の振り付けを担った。同年12月にはアニメ「ONE PIECE」のテレビスペシャル作品『ONE PIECE エピソードオブルフィ 〜ハンドアイランドの冒険〜』の声優(村人役)に初挑戦した。この背景には、幾たびか出演していた「アウト×デラックス」(フジテレビ)に東映アニメーションからオファーがきたことが切っ掛け[9]

2013年には「第3回萌えクィーンコンテスト」の審査員を務めた。また、舞台「Girls Rocketeer」の役者、茨城県小美玉市の民生委員が手掛けた自主制作映画「旅立ち」に出演(非行少年役)[10]するなど、俳優業にも取り組んでいる。  好きなアニメは『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』『けいおん!』などで、声優では特に竹達彩奈のファンであると自身のブログでも公言している。

主な成績[編集]

  • 2002年3月 ワールドカップ(札幌・真駒内) 5位
  • 2002年3月 日本選手権(青森・鯵ヶ沢町) 優勝
  • 2002年12月 ワールドカップ(カナダ・ウィスラー) 優勝
  • 2003年1月 世界選手権(オーストリア・クライッシュバーグ) 11位
  • 2004年3月 ワールドカップ(イタリア・バルドネッキア) 4位
  • 2004年12月 ワールドカップ(カナダ・ストーンハム) 3位
  • 2005年1月 世界選手権(カナダ・ウィスラ一) 10位
  • 2005年2月 ワールドカップ(イタリア・バルドネッキア) 3位
  • 2005年12月 ワールドカップ(カナダ・ウィスラー) 優勝
  • 2006年2月 オリンピック(イタリア・トリノ) 36位
  • 2008年2月 FIS(長野・北志賀高井富士) 2位

出演[編集]

インターネット[編集]

  • 成田童夢のD-Revolution(2011年11月、akiba.net)
  • Wednesday@TV(2012年4月、あっ!とおどろく放送局)
  • 成田童夢の「ア・イ・ヲ・タ」〜アイドル×ヲタ芸=∞〜(2013年4月、北参道放送局)

アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • Girls Rocketeer(2013年1月23日-27日、中野ザ・ポケット)

ショートムービー[編集]

  • 旅立ち (2013年、主演、茨城県小美玉市の民生委員制作)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 童夢らが帰国「すみませんでした」 - スポーツニッポン2006年2月16日
  2. ^ 世界一への挑戦!Vol.1000!!!!(1000更新目) - 成田童夢オフィシャルブログ
  3. ^ オリンピックの成田童夢選手が来たよ! - いちご姫のいちごミュージアム
  4. ^ 夜中に番組収録っす! - いちご姫のいちごミュージアム
  5. ^ [1] - 成田童夢オフィシャルブログ
  6. ^ [2] - 成田童夢オフィシャルブログ
  7. ^ [3]、成田童夢が引退、トリノ冬季五輪代表/スノボ
  8. ^ [4]、成田童夢 あれは「過酷な練習に耐えられなかっただけ
  9. ^ “アウト!”コンビの成田童夢&山下恵司が『ワンピース』声優に挑戦 ORICON STYLE 2012年12月11日
  10. ^ 民生委員が自主映画、小美玉で製作 プロ俳優出演の本格作 茨城新聞 2012年12月19日