御津

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
御津
みつ
日章旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
自治体 岡山市
行政区 北区
旧自治体 御津郡御津町
面積
114.42km²
世帯数
3,967世帯
総人口
10,097
登録人口、2010年9月30日現在)
人口密度
88.25人/km²
隣接地区 市内
 北区足守建部町一宮津高地域、牧石
市外
 赤磐市加賀郡吉備中央町
岡山市北区役所御津支所
岡山市北区役所御津支所
北緯34度47分57.1秒 東経133度56分7.54秒 / 北緯34.799194度 東経133.9354278度 / 34.799194; 133.9354278座標: 北緯34度47分57.1秒 東経133度56分7.54秒 / 北緯34.799194度 東経133.9354278度 / 34.799194; 133.9354278
所在地 〒709-2198
岡山県岡山市北区御津金川1020
リンク 御津支所公式ページ
御津の位置
御津

御津(みつ)は、岡山県岡山市北区にある地域である。かつての御津郡御津町(みつちょう)に相当する。2005年3月22日岡山市編入合併した。本項では御津郡御津町についても述べる。

住所表記において、大字として御津の名称を存続している[1]

地勢[編集]

金川付近の宇甘川

吉備高原の南部に位置し、丘陵と山林で占められている。町のほぼ中央部を旭川が北から南に貫流し、町の中心部である金川でその支流の宇甘川と合流する。

産業は県営御津工業団地と2つの町営工業団地を中心とした工業と、ヤマイモシイタケブドウの栽培を中心とした農業で成り立っている。また、町内には岡山県運転免許センターがある。

沿革[編集]

御津町
廃止日 2005年3月22日
廃止理由 編入合併
御津町灘崎町岡山市
現在の自治体 岡山市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
御津郡
面積 114.42km²
総人口 10,440
(2005年1月1日)
隣接自治体 岡山市
赤磐郡山陽町赤坂町吉井町
御津郡建部町
加賀郡吉備中央町
町の木 モミジ
町の花 ツツジ
御津町役場
所在地 709-2198
岡山県御津郡御津町大字金川1020番地
外部リンク 御津町(Internet Archive)
座標 北緯34度47分57秒
東経133度56分7秒
旧・御津町の位置
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

年表[編集]

  • 1953年(昭和28年)4月1日 御津郡金川町・牧山村・宇垣村・宇甘東村・宇甘西村、赤磐郡五城村・葛城村の1町6村が合併御津町が発足する。
  • 1954年(昭和29年)4月1日 町内の旧・牧山村の一部が岡山市に編入される。
  • 1956年(昭和31年)9月30日 赤磐郡布都美村の一部(残りは赤坂町吉井町(ともに現・赤磐市))が編入となる。
  • 2005年平成17年)3月22日 児島郡灘崎町とともに岡山市に編入合併。
    • 合併後は、合併後5年間一定の予算編成権を持つ「御津合併特例区(合併特例区は全国初)となり、特別職の区長(任期2年で、岡山市御津支所長を兼務する)が置かれ、一定の決定権を持つ特例区協議会が設置される。
  • 2009年(平成21年)4月1日 岡山市が政令指定都市に移行し、御津地区の行政区は北区となる。御津支所はこの日から岡山市北区役所御津支所となる。
  • 2010年(平成22年)3月21日 御津町合併特例区が廃止となる。

旧・御津町 歴代町長[編集]

  1. 荒木伊三二 (1953年4月15日 - 1970年12月31日
  2. 白髭勝彦 (1971年1月30日 - 1991年1月29日
  3. 二宮基泰 (1991年1月30日 - 1999年1月29日)
  4. 安信治雄 (1999年1月30日 - 2005年3月21日

4代目町長の安信治雄は岡山市に編入合併した2005年3月22日から、岡山市御津合併特例区長兼岡山市(北区役所)御津支所長に就任し(2007年3月21日までは任期2年、それ以降は任期1年)、2010年3月31日の御津合併特例区廃止まで担当。

地域[編集]

施設[編集]

教育[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2010年3月に合併特例区が廃止され、同時期に廃止となった灘崎はこれを機に旧町名を大字から外したが、御津は廃止後も旧町名を使用している。ただし、北接する建部町とは異なり、御津町の「町」の字は継承せず「岡山市北区御津○○」となっている。
  2. ^ 五城小学校

外部リンク[編集]